• English
  • 中文
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ページ内を移動するためのリンクです

  1. ホーム>
  2. CSR>
  3. CSRニュース>
  4. 2016年>
  5.  東日本大震災復興応援企画:青山の街全体で被災地を応援するキャンペーン「3.11 食べて応援しよう!たかたのゆめプロジェクトin 青山」のご案内
  • English page

CSRニュース 2016年

ここから本文です

東日本大震災復興応援企画:青山の街全体で被災地を応援するキャンペーン「3.11 食べて応援しよう!たかたのゆめプロジェクトin 青山」のご案内

2016年2月29日

伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡藤正広、以下「伊藤忠商事」)は、本業を通じた被災地支援として、岩手県陸前高田市のブランド米「たかたのゆめ」の販売とPRの支援をしており、伊藤忠食糧株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:近藤秀衛、以下「伊藤忠食糧」)を通じて百貨店(銀座三越等)にて販売しています。
この度、伊藤忠商事は、青山の街全体で「たかたのゆめ」を応援するキャンペーン「3.11 食べて応援しよう!たかたのゆめプロジェクトin 青山」を伊藤忠食糧と共に開催します。
趣旨に賛同頂いた表参道から青山周辺の参加飲食店舗に「たかたのゆめ」を無償で提供し、各店舗のランチタイムのご飯に「たかたのゆめ」を使用したメニューを提供頂きます。より多くの方に「たかたのゆめ」を食べて頂くことで、被災地の支援活動につなげるイベントで、昨年に続き2回目の開催となります。
東日本大震災から間もなく5年が経とうとしておりますが、被災地ではまだまだ多くの課題を抱え、今後も長期的な支援が必要な状況にあります。被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げますとともに、伊藤忠商事は今後も長期的な視野に立ち、支援を進めてまいります。

開催概要

開催内容
「3.11 食べて応援しよう!たかたのゆめプロジェクトin 青山」
日時
2016年3月11日(金)ランチタイム ※一部店舗は、ディナーにも提供
実施場所

協力店舗 20店舗(協力店舗map 参照)

青山学院大学学生食堂、青山ひだまり、EDIBLE GARDEN、大江戸北青山C.Iプラザ店、京菜、ことり食堂、Sign 外苑前、サガミ、匠Cafe aotto、ターリー屋新青山ビル店、てしごと料理まる山、冨徳、Natural Dining ラ・ルティザン、日比谷園、増田屋神宮前、水瓶屋、やぶそばシーアイプラザ店、やまと南青山店、麺屋 梅吉、Little Linda

 

[news_1602291.jpg]
[news_1602292.jpg]

「たかたのゆめ」とは

「たかたのゆめ」は、津波で甚大な被害に遭った陸前高田市が、独自のブランド、地域競争力の確保、農業復興のシンボルとしての確立を目指し2013年からスタートした新ブランド米。市が、「全国の皆さんに愛される名称を」と公募を行い、文字通り、陸前高田市の夢につながるプロジェクト。伊藤忠商事は、田植えから稲刈りまで社員ボランティアを派遣しており、2013年11月からは伊藤忠食糧を通じて販売を開始。本業を通じた被災地支援として、生産から販売・PRまで一貫した支援を行っている。このような取り組みは、「伊藤忠たかたのゆめプロジェクト」として、農林水産省が主催する「フード・アクション・ニッポン アワード2015」にて、「食べて応援しよう賞」を受賞。

伊藤忠たかたのゆめプロジェクト: http://www.itochu.co.jp/ja/earthquake/takatanoyume/[別ウインドウで開きます]

伊藤忠商事と岩手県陸前高田市のつながり

2011年12月より伊藤忠グループの社員ボランティアが定期的に訪れている地域であり、また、「伊藤忠子どもの夢ファンド」を通じて同市内中学校の部活動や市内全ての少年野球チームの遠征の支援を行う等、継続的な支援を続けている。

ここからカテゴリ共通メニューです

CSR

ここからサイト共通情報です