• English
  • 中文
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ページ内を移動するためのリンクです

  1. ホーム>
  2. ニュースリリース>
  3. 2012年>
  4.  医療用・一般用可搬型大容量電池の販売を開始
  • English page

ニュースリリース 2012年

ここから本文です

医療用・一般用可搬型大容量電池の販売を開始

2012年8月 6日

伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡藤正広、以下「伊藤忠商事」)は電力不安及び災害対策に対応した可搬型大容量電池の販売を開始します。

本商品は伊藤忠商事が市場ニーズをもとに企画し、開発製造は保護回路大手のNexcon Technology Co., Ltd. (韓)が行いました。特徴は、幅27cm×奥行33㎝×高さ44cmのコンパクトで可搬性の高い筐体に2.2KW時の電池容量を有する点で、32インチテレビで15時間の視聴、スマートフォン/携帯電話なら140時間の充電が可能で、冷蔵庫を稼働させることもできます。重量は25kgで、これは同じ電池容量比較で業界最小、最軽量です。本商品は車に載せて運ぶことも出来るため、停電時等に停電地域に本商品を持ち込み、電力を確保するなどの新たな使い方が可能となります。

商品は、用途別に一般ユーザー向けと医療機関向けの2モデルを用意しました。医療機関向けモデルの開発には、人工呼吸器製造販売業者のアイ・エム・アイ株式会社(埼玉県越谷市、代表取締役社長:積賀一正、以下「アイ・エム・アイ」)の協力を得ており、これを用いれば前出の家電のほか人工呼吸器、吸引器、酸素濃縮器等の医療機器を稼働させることができます。人工呼吸器では約50時間の稼働が可能です。また大人一人で抱えて運べる大きさと重さのため、緊急時でも必要な場所に持っていき、使用することができることから、医療機関内で停電が発生しても運用変更等の混乱を最小限に抑えることができます。

伊藤忠商事は企業、コンビニ、マンションへの販売を開始、アイ・エム・アイの協力も得ながら病院・クリニック等にも並行して販売していく予定であり、今年度で500台の販売を見込んでおります。

伊藤忠商事では可搬型商品以外にも、家庭用途、工場・商業ビル用途、大規模再生可能エネルギー用途等定置用蓄電池のラインアップを拡充させ積極的に販売をしていきます。

商品概要 一般用スペック(一般ユーザー向け/医療機関向け共通)

電池
リチウムイオン電池
蓄電池システム容量
2.2kwh
入力ポート
50/60ヘルツ対応、実用充電時間4時間
出力ポート

50/60ヘルツ対応、正弦波:歪率3%以下

本体寸法
幅277mmx奥行:330mmx高さ:438mm
重量
25kg
ユーザーインターフェース
LCD(電池残量、充:放電状態表示)、LED(充電、出力、警報表示)
使用温度環境
充電0°~45°、放電 -10°~55°

商品写真

[news_120806.jpg]

Nexcon Technology 概要

リチウムイオン電池システムのキーデバイスの一つである保護回路における世界トップシェア企業(Kosdaq上場)。

設立年
1996年
所在地
大韓民国忠清南道天安市西北区聖居邑料芳里303-1
資本金
87億ウォン (約6億円相当)
従業員数
650名
事業内容
リチウムイオン電池を中心とする2次電池関連技術開発、携帯電話向け、ノートパソコン向けリチウムイオン電池パック製造、2次電池製品製造
主要取引実績
ノキア、ソニー、アップル、パナソニック、ヒューレット・パッカード、サムスン電子、LG化学

アイ・エム・アイ概要

設立年
1974年
本社所在地
埼玉県越谷市流通団地3丁目3番12号
資本金
11.1億円
従業員数
266名
従業員数
医療機器の輸入、販売、レンタル、メンテナンス等
取引先
大学病院、国公私立病院、医療機器販売業者

ここからカテゴリ共通メニューです

ここからサイト共通情報です