• English
  • 中文
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ページ内を移動するためのリンクです

  1. ホーム>
  2. ニュースリリース>
  3. 2013年>
  4.  環境経営戦略総研への資本参加及び業務提携について
  • English page

ニュースリリース 2013年

ここから本文です

環境経営戦略総研への資本参加及び業務提携について

2013年3月 5日

伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡藤正広、以下「伊藤忠商事」)は、エネルギーマネジメント事業を展開する株式会社環境経営戦略総研(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:村井哲之、以下「環境経営戦略総研」)に資本参加致しました。

環境経営戦略総研は、全国の有力スーパーマーケットやドラッグストア、アミューズメント企業等、主に流通小売業等の多店舗チェーン企業を対象として、全国で4,400事業所を超える顧客(2012年12月時点)を保有し、省エネ(電力見える化システム)・創エネ(太陽光発電システム)・蓄エネ(蓄電システム)の三本柱からなる総合的なエネルギーマネージメント事業を展開しております。また、同社は、4電力会社(東京電力、関西電力、九州電力、北海道電力)とアグリゲーターとしてのビジネスアライアンス契約を締結しており、電力ピークの需要抑制(デマンドレスポンス)にも取り組んでいます。

伊藤忠商事は、2009年より「ecoFORTE(エコフォルテ)(*1)」というブランドネームのもと、ITを活用したエネルギー管理システムやスマート街路灯などスマートITインフラ事業を展開しています。

今回の資本参加を通じて、まずは、環境経営戦略総研の顧客を対象に、伊藤忠商事が開発したエネルギー管理システム(ecoFORTE EMS)を提案していきます。これにより顧客が持つ空調・照明設備等の電力の見える化や自動運転制御を実現し、顧客の節電に貢献します。また、環境経営戦略総研やその提携先の電力会社と協力し、実用性の高いデマンドレスポンスサービスの開発、創エネや蓄エネを組み合わせた電力利用最適化ソリューションの提供を目指していきます。

伊藤忠商事はこのたびの提携により、以前より取り組んでいるITを活用したエネルギー及びスマートITインフラ事業を更に強化し、環境配慮型ビジネスの推進を加速していきます。

  • (*1)ecoFORTE(エコフォルテ)とは
  • 伊藤忠商事が展開するエネルギーマネジメントサービスのブランドネームで、以下の3サービスから構成されています。①ecoFORTE Reporter:改正省エネ法に必要なエネルギー使用量の収集・集計と法定提出書類を自動作成するサービスです。②ecoFORTE EMS:お客様施設の電力使用量の見える化と施設設備(空調・照明)の運転の自動化をすることにより省エネを実現するサービスです。③ecoFORTE Streetlight:街路照明に対して、電力線通信にて調光・発停制御を行い、街路照明の運用保守の効率化を実現するサービスです。

環境経営戦略総研 会社概要

会社名
株式会社環境経営戦略総研
代表者
代表取締役社長 村井哲之
本社所在地
東京都千代田区麹町
設立年月日
2004年2月
資本金

2億3,075万円

従業員数

約60名

URL

http://www.kankyo-keiei.org[別ウインドウで開きます]

ここからカテゴリ共通メニューです

ここからサイト共通情報です