• English
  • 中文
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ページ内を移動するためのリンクです

  1. ホーム>
  2. ニュースリリース>
  3. 2013年>
  4.  スマートシティを実現するリチウムイオン蓄電システムの発売開始
  • English page

ニュースリリース 2013年

ここから本文です

スマートシティを実現するリチウムイオン蓄電システムの発売開始

2013年10月28日

伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡藤正広、以下「伊藤忠商事」)は株式会社エヌエフ回路設計ブロック(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:高橋常夫、以下「エヌエフ回路」)が開発、商品化した蓄電池容量 16.8KW時の産業用リチウムイオン蓄電池システム(以下「本システム」)の販売を開始します。本システムは停電を検知し、自動的に非常用負荷(*)へ給電するバックアップ機能に加え、高度な負荷追従機能を持ち、平常時は設置場所における電力消費を設定されたピーク値以下に抑える事が可能です。ピーク電力を確実にカットし、料金が安い時間帯の電気を効率よく貯める独自の制御機能を持った本システムをスーパー、コンビニ等の小売店舗やオフィスビル、工場、マンション、公民館、学校等の幅広い施設に販売することで、停電対策のみならず電気料金の低減に貢献していきます。伊藤忠商事は本システムの初号機を既にファミリーマートの店舗に試験的に納入し、コンビニにおける導入効果の検証を行っています。

伊藤忠商事はリチウム電池関連事業を地球環境に優しいビジネスとして推進しており、川上でリチウム資源及び主要電池部材(正極材・負極材)の開発・製造・販売事業に参画しています。川下分野においても本システムの販売を軸に、原料調達から用途開発まで、グループネットワークを活用したバリューチェーンの構築に注力していきます。
(*)停電時に稼働させたい電気設備のこと

本システムの主な特徴

1.独自開発の負荷追従制御による高度なピークカットとピークシフト(特許出願中)
2.拡張性と長期信頼性
3.コンパクトなシステム

商品写真

[news_131028.jpg]

本製品に関する情報

エヌエフ回路の蓄電システム(エヌエフ回路Webサイト) http://www.nfcorp.co.jp/pro/as/products/bat_sys/index.html[別ウインドウで開きます]

概略仕様

電池容量

16.8KW時

定格電力
5.0kVA(定格電圧202V時) 自立運転時 2.5kVA(定格電圧101V時)
電気方式
単相3線
外部寸法
860mm(W) x 1600mm(H) x 500mm(D)
重量
約500kg
設置場所
屋内
希望小売価格
498万円(税別、工事費別)
出荷日
12月末より順次開始
販売目標台数
200台(2014年度)

エヌエフ回路について

会社名
株式会社エヌエフ回路設計ブロック
設立年
1959年
URL
http://www.nfcorp.co.jp/
本社所在地
神奈川県 横浜市
代表者
高橋常夫
資本金
9億1000万円
従業員数
206名
事業内容
電子計測機器の設計・製造・販売

ここからカテゴリ共通メニューです

ここからサイト共通情報です