• English
  • 中文
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ページ内を移動するためのリンクです

  1. ホーム>
  2. ニュースリリース>
  3. 2014年>
  4.  当社船がパプアニューギニアLNGプロジェクト最初のLNG貨を積載して日本へ向けて出港
  • English page
  • 中文項[PDF]

ニュースリリース 2014年

ここから本文です

当社船がパプアニューギニアLNGプロジェクト最初のLNG貨を積載して日本へ向けて出港

2014年5月26日

伊藤忠商事株式会社(社長:岡藤正広、本社:東京都港区)と株式会社商船三井(社長:武藤光一、本社:東京都港区、以下「商船三井」)が保有するLNG船“SPIRIT OF HELA(スピリット オブ ヘラ)”は、このたびパプアニューギニアでExxonMobil社が主導するPNG LNGプロジェクト(註1)における最初のLNGを積載し、5月25日に出港しました。

本プロジェクトはパプアニューギニアにとって天然ガスを液化して輸出する初めてのプロジェクトとして大変意義のあるものであり、今後、日本他の顧客向けに長期にわたり安定的に供給されます。

このたび本船は、本プロジェクトがパプアニューギニアの首都ポートモレスビー近郊に有する基地にてLNG積み込みを完了しました。本貨は東京電力株式会社に引き渡されます。

また、パプアニューギニアからの最初のLNG輸出に先立ち、5月14日には、同国のピーターオニール首相が本船を訪問し、船内を見学されました。

伊藤忠商事は、クリーンエネルギーとして最近重要性を増しつつあるLNG分野において輸送面より、安定したエネルギー供給に貢献していきます。

本船概要

全長
298.43m
全幅
46.00m
貨物タンク容量

175,103.173㎥ 

(*)実際にLNG積載が可能な容量。満載容量の98.7%に相当。
主機関
Dual Fuel Diesel Electric
船籍
バハマ国

PNG LNGプロジェクト概要

ExxonMobil社がオペレーターを務めるプロジェクト。

プロジェクト参画企業

ExxonMobil                                                           33.2%

Oil Search Limited                                                 29.0%

NPCP(パプアニューギニア政府機関)                     16.6%

Santos Limited                                                     13.5%

JX日鉱日石開発                                                     4.7%

MRDC (パプアニューギニア地権者代表機関)               2.8%

Petromin (パプアニューギニア政府系企業)                0.2%
LNG生産量
年間690万トン
LNG積み出し基地
パプアニューギニア国 ポートモレスビー近郊

ここからカテゴリ共通メニューです

ここからサイト共通情報です