• English
  • 中文
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ページ内を移動するためのリンクです

  1. ホーム>
  2. ニュースリリース>
  3. 2014年>
  4.  ベネフィット・ワン インドネシア ミッド・プラザホールディングスと資本提携
  • English page

ニュースリリース 2014年

ここから本文です

ベネフィット・ワン インドネシア ミッド・プラザホールディングスと資本提携

インドネシアでの顧客開拓の営業活動・サービス開発強化

2014年10月22日

インドネシアにてポイント制報奨制度サービス等を展開するベネフィット・ワン インドネシア(PT. BENEFIT ONE INDONESIA、本社:ジャカルタ・インドネシア、President Director 白石徳生)は、インドネシア国内の新興財閥MidPlaza Holdingsの投資事業会社「PT. Karang Mas Investama」と資本提携に基本合意しました。今後、インドネシア国内での営業活動・サービス開発の強化をより一層積極的に進めてまいります。
ベネフィット・ワンと伊藤忠商事は、2013年10月に「ベネフィット・ワン アジア(出資比率:ベネフィット・ワン60%、伊藤忠商事40%)」をシンガポールに設立し、アジア地域で企業の福利厚生関連サービスの展開を進めています。
両社は「ベネフィット・ワン アジア」を通じて、今年5月に経済成長を続けるインドネシアに現地法人「ベネフィット・ワン インドネシア」を設立し、主に日系企業のインドネシア国籍の社員に対して、優秀な成績を残した社員や自己研鑽に努める社員、勤怠の良い社員にポイントを付与し、ポイントを活用して好きな商品と交換ができる「インセンティブ・ポイント」の本格的な営業を8月から開始いたしました。
そしてこの度、インドネシアでの「顧客開拓の営業活動強化」「サービス開発強化」「人事・法律・システム関連等の経営ノウハウ強化」を目的に、インドネシアにおいて不動産・IT事業を展開するMidPlaza Holdings傘下で、資産やITなどの領域を手掛ける投資事業会社「PT. Karang Mas Investama」と資本提携を結びます。
資本提携の最初の取り組みとして、グループ会社従業員に対してインセンティブ・ポイントをサービス提供していくほか、インドネシア国内のネットワークを活用することで、日系企業・ローカル企業に対する営業を更に強化してまいります。

資本提携概要

契約日

10月中(予定)

「ベネフィット・ワン インドネシア」の株式10%を「PT. Karang Mas Investama」に譲渡

※10%の株式の内訳はベネフィット・ワンアジア9% ベネフィット・ワン1%

株式譲渡後の株主構成は「ベネフィット・ワン アジア」90%、「PT. Karang Mas Investama」10%

目 的

インドネシア国内における「インセンティブ・ポイント」事業強化

①ネットワークを活用した営業力強化

②インセンティブ・ポイントの商品開発強化

③インドネシア国内の人事・法律・システム関連の経営ノウハウ強化

PT. BENEFIT ONE INDONESIA(ベネフィット・ワン インドネシア)概要

会社名
PT. BENEFIT ONE INDONESIA
所在地

World Trade Centre 2, 18th floor Jl. Jend. Sudirman kav. 29-31

Jakarta 12920 Indonesia

設 立
2014年5月12日
資本金
IDR 10,000百万
代表者
白石徳生
株  主

Benefit One Asia Pte. Ltd.  90%

PT. Karang Mas Investama    10%
事業内容

インセンティブ・ポイント事業

福利厚生の一環として優秀な成績を残した社員や、自己研鑽に努める社員に対してポイントを付与し、多くの魅力的な商品から、ポイントを活用して好きな商品と交換ができるサービス。インドネシアでは、旅行やレストランなどの余暇を充実させるメニューや、食費や通信料などの生活コストを補助できるような商品を用意するとともに、ムスリム(イスラム教徒)が人口の9割を占める国柄を考慮し、メッカ巡礼のための宿泊パッケージツアーをはじめ、服装飾品や断食期間の栄養補給などのムスリムの社員が使いやすい商品を多数用意している

ここからカテゴリ共通メニューです

ここからサイト共通情報です