• English
  • 中文
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ページ内を移動するためのリンクです

  1. ホーム>
  2. ニュースリリース>
  3. 2015年>
  4.  ベネッセホールディングス様向け最新型ボディスキャナー(日本初導入)を受注
  • English page
  • 中文項[PDF]

ニュースリリース 2015年

ここから本文です

ベネッセホールディングス様向け最新型ボディスキャナー(日本初導入)を受注

2015年2月 2日

伊藤忠商事株式会社(代表取締役社長:岡藤正広、本社:東京都港区)の100%子会社である日本エアロスペース株式会社(代表取締役社長:谷村仁司、本社:東京都港区、以下「日本エアロスペース」)は、株式会社ベネッセホールディングス(以下「ベネッセ」)より、米国L-3 Communications Security & Detection Systems社(以下「L-3社」)製造の携行物検査装置ボディスキャナー、ProVision®2型機を受注致しました。2015年3月末にベネッセの岡山市内の施設に納入、運用開始予定です。

L-3社のボディスキャナーは、従来の金属探知機では検知できない、非金属(プラスチック、セラミック、木材等)、液体、粉末等の不審物の機内への持ち込みを防ぐために開発された高度な検査装置です。全世界的なテロ対策強化の潮流の中で、空港の保安検査場を中心に既に世界で約1,000台が納入されております。その内、米国の空港では既に約750台が運用されており、近年は欧州を中心に世界の空港での導入が広まっております。またミリ波を使った本検査装置は人体への影響がなく、分析結果を定型の人型アニメーション画像を用いて表示することで被験者のプライバシー保護にも配慮しております。
日本では、L-3社のセキュリティ関連機器の総販売代理店である日本エアロスペースを通じて、不審物の持ち込み、持ち出しを防ぎ、情報漏えい対策用として厳格な入退室管理を必要とされる施設に導入されており、世界におけるその豊富な導入事例と高度な検査機能が評価され、この度の導入決定に至りました。L-3社製ボディスキャナーの最新型であるProVison®2型機の日本での導入は初となります。

日本エアロスペースは、空港だけでなく安全を第一と考えるお客様向けにもボディスキャナー他最新セキュリティ機材を提供することにより、日本の安全及びセキュリティの向上に貢献して参ります。

L-3社製ボディスキャナー“ProVision®2”型機について

用途
不審物の持ち込み、持ち出し検査
原理
アクティブ型ミリ波
検出方法
自動検出
検出対象

金属、非金属、液体、粉末等

設置場所
空港、重要インフラ、データセンター、イベント会場等
寸法
2.36m(高)×1.50m(幅)×2.27m(奥)
重量
681kg
[news_15020211.jpg]
[news_15020212.png] 検出結果表示画面サンプル

ここからカテゴリ共通メニューです

ここからサイト共通情報です