• English
  • 中文
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ページ内を移動するためのリンクです

  1. ホーム>
  2. ニュースリリース>
  3. 2015年>
  4.  ドイツE.ON社向け新造LNG船2隻の長期定期傭船プロジェクトに参画
  • English page
  • 中文項[PDF]

ニュースリリース 2015年

ここから本文です

ドイツE.ON社向け新造LNG船2隻の長期定期傭船プロジェクトに参画

2015年2月13日

伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡藤正広、以下「伊藤忠商事」)は、株式会社商船三井(本社:東京都港区、代表取締役社長:武藤光一、以下「商船三井」)の100%出資特別目的子会社の株式50%を取得し、欧州ガス・電力事業最大手のE.ON SE社(本社:ドイツ・デュッセルドルフ、以下「E.ON社」)の100%出資子会社であるE.ON Global Commodities SE社(本社:ドイツ・デュッセルドルフ、以下「EGC社」)向けの179,900㎥型新造LNG船最大2隻の長期定期傭船プロジェクト参画に正式合意致しました。
なお、本取引は承認が必要とされる対象国の競争法当局による承認取得後、速やかに実行される予定です。

商船三井は2月11日、当該子会社を通じて、EGC社と長期定期傭船契約を締結し、同時に大宇造船海洋(本社:韓国・ソウル)と新造LNG船の造船契約を締結しております。同船は商船三井が船舶管理を行い、北米のシェールガス液化プラントから欧州をはじめとする世界各地へのLNG輸送に従事します。

EGC社は世界最大級の電力・ガス会社であるE.ON社のエネルギー貿易を担っており、E.ON社の国際市場への窓口として、エネルギーの調達、貯蔵、輸送、貿易等を世界規模で展開しており、更にガス供給、貿易、貯蔵、販売用にパイプラインを保有/運用を行っております。

本件は、伊藤忠商事にとって初となる欧州のLNG需要家向けの長期定期用船契約であり、引き続き、世界各国への長期的に安定したエネルギーの供給を目指し、LNG輸送案件に積極的に関与していきます。

定期傭船契約の概要

船主

商船三井100%出資子会社

(伊藤忠商事参画後、各社50%出資比率)

傭船者

EGC社

傭船期間
2018年~(20年間)

新造LNG船の概要

全長
297.2m
46.4m
喫水
11.80m
貨物タンク容量
179,900㎥
建造造船所
大宇造船海洋株式会社
船舶管理会社
商船三井

調印式の様子

[news_1502132.jpg] 左より、EGC Baylis LNG部門長、大宇造船海洋Park副社長、商船三井橋本常務、EGC Finch CCO、商船三井子会社Rowley役員、伊藤忠佐藤プラント・船舶・航空機部門長代行、大宇造船海洋Kwon副社長

ここからカテゴリ共通メニューです

ここからサイト共通情報です