• English
  • 中文
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ページ内を移動するためのリンクです

  1. ホーム>
  2. ニュースリリース>
  3. 2015年>
  4.  伊藤忠商事・伊藤忠都市開発・三菱地所による初の共同事業オフィスビル「フロントプレイス秋葉原」竣工
  • English page

ニュースリリース 2015年

ここから本文です

伊藤忠商事・伊藤忠都市開発・三菱地所による初の共同事業オフィスビル「フロントプレイス秋葉原」竣工

2015年3月10日

伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 岡藤 正広、以下「伊藤忠商事」)、伊藤忠都市開発株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 寺坂 晴男、以下「伊藤忠都市開発」)、三菱地所株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長 杉山 博孝、以下「三菱地所」)は、東京都千代田区外神田一丁目で開発を進めてまいりました「フロントプレイス秋葉原」が、本日竣工しましたのでお知らせします。

本物件は、伊藤忠商事、伊藤忠都市開発、三菱地所3社初の共同開発によるオフィス事業で、JR山手線・京浜東北線・総武線「秋葉原」駅だけでなく、東京メトロ銀座線「末広町」駅、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅、東京メトロ丸ノ内線「淡路町」駅等に近接し、7駅10路線を利用可能な交通利便性に優れた立地にあります。
建物外観は、周辺の街並みの中で際立つように意図し、整然とした力強い縦モチーフの外観としました。インテリアは外観と調和の取れた縦基調としつつ、柔らかく繊細な表情の縦モチーフを踏襲しただけでなく、モノトーンなデザインの中に、神田明神やニコライ堂等、周辺のランドマークにちなんだビルのシンボルカラーである「緑青」を配し、周辺の建物との調和を図っております。
壁柱制震構造を採用し、柱型の制約がなく自由度の高い基準階フロアは、貸付有効面積約230坪、天井高2.8mを確保し、レイアウト効率に優れた仕様となっています。また、環境にも配慮し、CASBEE(キャスビー)ランクA(建築環境総合性能評価システム)を取得予定です。環境仕様として、専有部だけでなく共用部にも主照明にLED照明を採用した他、自動調光システムやLow-E(低放射)ペアガラスを採用し、省エネにも貢献できるオフィスビルとなっております。
さらに、BCP(緊急時における事業継続計画)対応として、停電時に備え2回線受電を採用している他、災害時にもビル共用の非常用発電機から共用部への連続48時間以上の給電に加えて、テナント用の非常用発電スペースも確保し、テナントの事業継続を支援します。

伊藤忠商事、伊藤忠都市開発、三菱地所は、豊富な開発実績を活かし、今後も都内主要ビジネスエリアで、優良なオフィスビルの開発を進めていきます。

[news_15031021.jpg]
[news_15031022.jpg]

建物・計画概要

名称
フロントプレイス秋葉原
所在地
東京都千代田区外神田一丁目7番5号(住居表示)
敷地面積
998.16㎡(301.94坪)
延床面積

6,481.04㎡(1,960.51坪)

構造・規模

RC造(制震構造)一部S造・SRC造

地上7階、地下1階

主要用途

事務所、店舗、駐車場

駐車台数
21台(荷捌き2台を含む)
設計施工
大成建設株式会社
スケジュール

2013年12月9日 新築着工

2015年3月 10日竣工

基本スペック
基準階貸付有効面積約230坪、天井高2.8m、OAフロア100mm

ここからカテゴリ共通メニューです

ここからサイト共通情報です