• English
  • 中文
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ページ内を移動するためのリンクです

  1. ホーム>
  2. ニュースリリース>
  3. 2015年>
  4.  中国におけるクロスボーダー電子商取引事業への参入に向けた戦略基本提携について
  • English page
  • 中文項[PDF]

ニュースリリース 2015年

ここから本文です

中国におけるクロスボーダー電子商取引事業への参入に向けた戦略基本提携について

2015年4月30日

伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岡藤正広、以下「伊藤忠商事」)、中国中信集団有限公司 (本社:中華人民共和国北京市、董事長:常振明、以下「CITIC」)、Charoen Pokphand Group Company Ltd. (本社:タイ国バンコック市、Chairman:Dhanin Chearavanont、以下「CPG」)、中国における移動体通信事業者最大手の中国移動通信集団公司(本社:中華人民共和国北京市、董事長:奚国華、以下「中国移動」)、上海市政府傘下の上海市信息投資股份有限公司(本社:中華人民共和国上海市、董事長:劉亜東、以下「上海信投」)の五社は、上海自由貿易試験区を拠点として中国におけるクロスボーダー電子商取引(以下「クロスボーダーeコマース」)事業への参入に向けて提携することで本日基本合意しました。

伊藤忠商事は、CPグループ及びCITICグループと2015年1月20日に業務・資本提携契約を締結して以来、あらゆる分野において協業の可能性を探ってきました。中国のクロスボーダーeコマース市場規模は成長の一途を辿っており、2013年の約767億元(約1.5兆円相当)から、2018年には約1兆元(約20兆円相当)まで拡大が見込まれています。一方で、商品の本物保証や、商品と共に質の高いアフターサービスを提供することが求められており、消費者のニーズが変化しつつある中国のクロスボーダーeコマース市場は定性、定量の両面で大きな可能性を秘めています。伊藤忠商事は、急激に拡大している中国のクロスボーダーeコマース市場を大きなビジネスチャンスと捉え、中国において強い基盤を有する四社との提携を決定しました。早期参入を目指して四社との協議を今後進めて行きます。

各社概要

CITIC

会社名 中国中信集団有限公司
所在地 中華人民共和国北京市
代表者 常振明(董事長)
設立年 1982年
事業内容 投資業

CPG

会社名 Charoen Pokphand Group Company Ltd.
所在地 タイ、バンコック市
代表者 Dhanin Chearavanont (Chairman)
設立年 1976年
資本金 176億1,650万バーツ(約550億円相当)
事業内容 農業、食料、食品、金融事業等の持株会社

中国移動

会社名

中国移動通信集団公司

(China Mobile Communications Corporation)

所在地 中華人民共和国北京市
代表者 奚国華(董事長)
設立年 2000年
資本金 518億元
事業内容 移動体通信事業

上海信投

会社名 上海信息投資股份有限公司
所在地 中華人民共和国上海市
代表者 劉亜東 (董事長)
設立年 1997年
資本金 3.75億元
事業内容

情報産業及び関連産業項目及び企業技術改造に対する

投資、建設、製造、販売、コンサルティングサービス等

ここからカテゴリ共通メニューです

ここからサイト共通情報です