• English
  • 中文
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ページ内を移動するためのリンクです

  1. ホーム>
  2. ニュースリリース>
  3. 2015年>
  4.  製鋼原料事業承継に関する基本合意契約の締結について
  • English page

ニュースリリース 2015年

ここから本文です

製鋼原料事業承継に関する基本合意契約の締結について

2015年8月 3日

伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、 代表取締役社長:岡藤正広)の連結子会社である伊藤忠メタルズ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:岡正樹 以下「伊藤忠メタルズ」)は、住商鉄鋼販売株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:川﨑清隆 以下「住商鉄鋼販売」)との間で、住商鉄鋼販売の製鋼原料事業(鉄スクラップを主要取扱商品とするトレード業務)を吸収分割により伊藤忠メタルズに承継する基本合意契約を本日付けで締結しましたのでお知らせ致します。尚、本事業承継は各種許認可、承認手続き等を経て、2016年1月1日の実行を目指します。

基本合意契約締結の経緯・目的

伊藤忠メタルズは、2008年4月に伊藤忠商事株式会社から金属原料ビジネス(鉄スクラップトレード・総合リサイクル関連業務)を承継し、今日まで業容を発展させて来ました。
更なる拡大・発展の一手を探し求めていたなか、住商鉄鋼販売からの打診に基づき、検討・交渉を続けて参りました。
対象事業は、特に関西地区の業容・業績に優れ、伊藤忠メタルズの既存事業との補完性が非常に高く、また東京を含めた鉄スクラップ業界での豊富な経験を有する従業員の同時承継は本事業の拡大に留まらず、今後の伊藤忠メタルズ全体の発展に大いに資するものと判断するに至りました。
一方、住商鉄鋼販売は、同社の建材・製鋼原料事業再編を検討する中で、製鋼原料事業を伊藤忠メタルズに譲渡する事により建材事業の再編及び製鋼原料事業の更なる競争力の強化、発展に繋がると判断するに至りました。
今後、両社でお取引先様のご理解とご協力を頂きながら、本事業承継を確実に実行し、製鋼原料事業の更なる拡大に取組むと共に、総合リサイクル関連事業の展開を加速させて行きます。

継承事業の概要

対象事業 住商鉄鋼販売が営む製鋼原料事業全般と関連する資産
事業拠点 東京、大阪

譲渡会社の概要

商号 住商鉄鋼販売株式会社
所在地 東京都中央区晴海1-8-12
代表者 川﨑 清隆
事業内容 製鋼原料、鉄鋼建材等のトレード並びに関連業務
資本金 4億円
設立年月 1981年4月
株主 住友商事株式会社 100%

譲受会社の概要

商号 伊藤忠メタルズ株式会社
所在地 東京都港区北青山2-5-1
代表者 岡 正樹
事業内容 非鉄原料、製品、鉄スクラップ等のトレード、総合リサイクル事業並びに関連業務
資本金 7億円
設立年月 1996年6月
株主 伊藤忠商事株式会社 100%

今後の予定

対象事業の承継手続は本年12月末までに完了し、2016年1月1日より伊藤忠メタルズにて承継事業を行います。

ここからカテゴリ共通メニューです

ここからサイト共通情報です