米国Dole社との取り組み

[写真]

伊藤忠商事は、50年近くにわたり築き上げてきた信頼関係の次のステップとして、Dole社のアジア青果物事業及びグローバル加工食品事業を買収しました。
Dole社は、1851年創業以来、現在では、北米、南米、アジア、ヨーロッパなど世界90ヶ国以上で、バナナやパイナップルを生産する青果物事業及びフルーツや野菜の加工食品を製造する加工食品事業を展開する世界最大の青果物メジャーです。青果物事業において、バナナ、パイナップルは世界で最大級の販売量を誇り、加工食品事業においては、北米市場においてトップシェアを誇る商品群を多数有しています。

伊藤忠商事が持つ世界的な食料バリューチェーンと、「美と健康」をコンセプトに掲げる世界的なブランド「Dole」、およびその生産から販売までのネットワークを融合することにより、お互いの既存商品の販売拡大を図ると共に、「Dole」ブランドを活用した新商品の開発や新規ビジネスの展開を推進し、事業価値の更なる向上に努めていきます。