北米地域での豚肉生産事業への参画と拡大

[写真]

2012年12月、カナダ最大級の養豚・豚肉生産者であるHyLife Group Holdings LTD.(以下、HyLife社)の株式の33.4%を取得し、北米地域での豚肉生産事業に参画致しました。(2021年度3月末現在は49.9%の株式を保有)。HyLife社はカナダ・マニトバ州を中心に、自社による豚肉の一貫生産事業(養豚から飼料配合、豚肉加工・販売)を行っている企業です。その一貫生産体制を活かし、飼料や品種を独自で管理し、安心・安全な豚肉を世界各地の市場に供給しています。特に日本を重点市場と位置付け、2016年9月には代官山にブランドショップ「HyLife Pork TABLE」をオープンしました。ユーザーの生の声を収集することで、より日本人のニーズを捉えた付加価値の高いこだわりの豚肉を開発し、今ではHyLifeの豚肉は日本向けカナダ冷蔵豚肉においてトップシェアを誇ります。また、HyLife社は2019年12月、当社の戦略的パートナーであるCPグループのCharoen Pokphand Foods PCLを事業パートナーとして迎え入れ、2020年5月には、カナダの大手養豚企業であるProVistaグループが保有する養豚事業を買収、ならびに米国Prime Pork LLC(現HyLife Foods Windom LLC)の持分75%を取得し、北米地域における豚肉生産拠点を拡大しました。北米における豚肉生産キャパシティの更なる拡大と共に世界的な食品総合企業の1つであるCPグループと連携し、消費伸長が続くアジア市場での、HyLife社の安心・安全な豚肉の販売拡大を狙います。