医療分野での展開

医療機器製造販売分野

米ViewRay社製放射線治療装置「MRIdian」

伊藤忠商事㈱では先進的な大型医療機器を取り扱っております。
米ViewRay社の放射線治療装置の独占販売権を取得し、日本国内の病院へ販売しております。2017年3月、MRI一体型の放射線治療装置MRIdian(メリディアン)の国内1号機を国立がん研究センター中央病院に納入し、同年5月より稼働しております。MRIdianはMRIと治療機を一体化させたもので、患者自身の意志とは関係のない内臓の動きに伴って動く腫瘍の位置・形状を常に捉えながら、放射線照射が可能な治療装置です。





<参考>


子会社センチュリーメディカル㈱を軸に、事業基盤の拡充に取組んでいます。

センチュリーメディカル(株) 1974年に医療機器専門商社として設立されました。健康と豊かさを担うという企業理念の基、心臓血管外科、消化器外科、内視鏡外科、循環器外科、乳腺外科等広い分野を対象に、国内外のメーカーから先進的な医療機器を国内の病院に提供、日本全国の医療現場の質と安全の向上に取り組んでおります。

病院運営支援分野

神戸市(地方独立行政法人神戸市民病院機構)より、医療事務、医療機器の滅菌消毒、患者給食、洗濯、医療機器の保守点検等、医療行為を除く総合的な病院運営の業務を受託し、スムーズな病院運営を実施しております。

(株)神戸メディカルケアパートナーズ 2007年、㈱神戸製鋼所と当社、㈱日建設計による共同設立会社として設立。PFI(Private Finance Initiative)方式で行う神戸市立医療センター中央病院の整備運営事業を実施。全国の自治体病院の中でも有数の医療機能を駆使した高度医療の提供を図る同病院を民間のノウハウを活用して建替を行い30年間に亘り医療周辺サービス及び施設維持管理の提供を行う。
*PFI方式とは、公共施設の設計・建設・維持管理及び運営に、民間のノウハウと場合により資金を活用し、公共サービスの提供を民間主導で効率的に行うという社会資本整備の手法。