ウズベキスタンウラン長期大型売買契約

[写真]

伊藤忠商事は、ウズベキスタン共和国国営ナボイ鉱山製錬コンビナート社とウラン精鉱の長期大型売買契約をしています。
原子力発電は地球温暖化要因のCO2を削減する切り札とされており、その燃料となるウラン精鉱は今後需給の逼迫が懸念されています。
伊藤忠商事は、国営ナボイ鉱山製錬コンビナート社との10年間のウラン精鉱長期売買契約により、本邦電力会社向けの安定的な原子燃料の確保に寄与しています。
伊藤忠商事は、積極的にウラン資源開発への投資も行っており、世界有数のウラン生産国であるウズベキスタン国よりの購入契約と併せ、対日本資源確保を推進すると共に、今後急成長が見込まれる原子力発電新興国への燃料供給を目指します。