再生可能エネルギー分野における取組み

地球温暖化防止、またそれに向けた低炭素社会の実現は、まさに地球規模での最重要課題の一つです。国内外を問わず太陽光発電、バイオマス発電をはじめとした再生可能エネルギーの導入・普及に向けた取組みが行われており、再生可能エネルギー市場は今後も着実に拡大していくものと見込まれています。
当社は再生可能エネルギービジネスにおいて、案件開発・組成、資機材の調達、事業の運営、燃料供給等の役割を担っています。
西条小松太陽光発電所(愛媛県、発電出力2万6,200kW)、大分日吉原太陽光発電所(発電出力4万4,800kW)に続き、2017年1月に新岡山太陽光発電所の商用運転を開始しました。本発電所の発電出力は3万7,000kWであり、一般家庭約7,600世帯分の年間電力需要を賄うと共に、年間約2万6,000トン相当のCO2排出量削減が見込まれています。このほかにも佐賀県においても建設工事を進めています。今後も再生可能エネルギーによる発電事業並びに関連トレードビジネスを国内外で積極的に推進します。