環境会計

環境保全コスト

伊藤忠商事の2017年度国内全店の環境保全コストは以下の通りです。

(単位:千円)

分類 金額
事業エリア内コスト

690,574

上・下流コスト

14,676

管理活動コスト

131,935

研究開発コスト

500

社会活動コスト

7,810

環境損傷対応コスト

8,457

合計

853,952

環境省「環境会計ガイドライン2005年版」に基づいて集計。
集計範囲:国内全店
対象期間:2017年4月1日~2018年3月31日

環境保全・経済効果

伊藤忠商事の2017年度の紙・電力使用量及び廃棄物排出量の環境保全効果と経済効果は以下の通りです。

  環境保全効果 経済効果
紙の使用量

1,991千枚

1,413千円

電力使用量

300千kWh

6,002千円

廃棄物排出量

-24t

-1,200千円

水の使用量

14,526m3

5,762千円

環境保全・経済効果は、「前年度実績値-当年度実績値」により算出。
集計範囲:紙、水の使用量:東京本社ビル、電力使用量、廃棄物排出量:国内全拠点

環境債務の状況把握

伊藤忠商事単体及びグループ会社の土地、建物など有形固定資産の環境リスク、特にアスベスト、PCB、土壌汚染については、法的要求事項への対応にとどまらず、自主的に調査を通じて把握をし、迅速な経営方針の決定・判断に役立てるよう対応を図っています。2017年度も、環境・社会リスク対応セミナー等、各種研修を通じて、関連情報の共有を推進していきます。