イニシアティブへの参加

サステナビリティ推進にあたっては、以下各種イニシアティブに参加しています。

国連グローバル・コンパクトへの参加

WE SUPPORT UN GLOBAL COMPACT

伊藤忠商事は、2009年4月、国際社会において持続可能な成長を実現するための世界的な取組みである国連グローバル・コンパクトに参加しました。グローバル・コンパクトが掲げる「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」からなる10原則に則り、伊藤忠商事の企業理念である「三方よし」を果たしていきます。

国連グローバル・コンパクト10原則

人権
  • 原則1 人権擁護の支持と尊重
  • 原則2 人権侵害への非加担
労働
  • 原則3 結社の自由と団体交渉権の承認
  • 原則4 強制労働の排除
  • 原則5 児童労働の実効的な廃止
  • 原則6 雇用と職業の差別撤廃
環境
  • 原則7 環境問題の予防的アプローチ
  • 原則8 環境に対する責任のイニシアティブ
  • 原則9 環境にやさしい技術の開発と普及
腐敗防止
  • 原則10 強要や賄賂を含むあらゆる形態の腐敗防止の取組み

グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンでの活動

伊藤忠商事は、国連グローバル・コンパクトの日本のローカル・ネットワークである「グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン」(GCNJ)の理事会員企業であり、また社員の出向協力も行う等積極的に活動に参画しています。
GCNJでは、他社の実践や学識経験者から学び、サステナビリティの考え方や取組みについての議論・情報交換を行うテーマ別の分科会活動を行っています。2021年度、伊藤忠商事は以下の各分科会に参加しました。

  • 環境経営分科会
  • レポーティング研究分科会
  • サーキュラーエコノミー分科会

TCFDコンソーシアム

伊藤忠商事は、2019年5月、企業に対し気候変動に関連する財務情報の開示を促す「TCFD」に賛同を表明しました。また、これに賛同する企業や金融機関等の間で議論する場として経済産業省、環境省、金融庁が2019年5月27日に設立した「TCFDコンソーシアム」に参画しました。本コンソーシアムへの参画を通じ、気候変動が当社事業に及ぼすリスクと機会の適切な開示に継続的に取組んでいます。

CDP(気候変動・水セキュリティ)

伊藤忠商事は世界中の様々なステークホルダーに対し、ESGに関する取組みについて積極的な情報発信を行っています。その一環として、企業の環境情報開示におけるグローバルスタンダードとして全世界で広く認知されているNGOであるCDPに参加し、2013年度から、CDP気候変動・水セキュリティの質問書に回答しています。

環境省 「COOL CHOICE」

伊藤忠商事は、環境省主導の脱炭素社会実現に向けた気候変動キャンペーン「COOL CHOICE[別ウインドウで開きます]」に参加し、夏季、冬季の空調の調整、不要な電気のスイッチオフ等に努めています。また、オフィス内での廃棄物分別を励行し、リサイクルを推進する等、全社員が身の回りのできることから環境保全活動を実施しています。

経済産業省「GXリーグ基本構想」

伊藤忠商事は、経済産業省が2023年4月以降の「グリーントランスフォーメーションリーグ」(GXリーグ)の本格稼働を目指して策定したGXリーグ基本構想に賛同し、GXリーグ設立準備事務局への参加を表明しました。GXリーグは、2050年カーボンニュートラル実現と社会変革を見据えてGXへの挑戦を行い、持続的な成長実現を目指す産官学の協働の場となるものであり、当社はその設立準備事務局における議論に積極的に関与し、国を挙げての気候変動への取組みに寄与していきます。

RSPO(Roundtable on Sustainable Palm Oil、持続可能なパーム油のための円卓会議)

取組みの詳細はこちらをご覧ください。

GPSNR(Global Platform for Sustainable Natural Rubber)

取組みの詳細はこちらをご覧ください。

日本経済団体連合会

  • 環境安全委員会
  • 企業行動・SDGs委員会
  • 1%(ワンパーセント)クラブ
  • 公益信託 経団連自然保護基金/経団連自然保護協議会
  • 公益社団法人 企業市民協議会(CBCC)

日本貿易会

  • 地球環境委員会
  • 社会貢献・ABIC委員会
  • サステナビリティ・CSR研究会

CSR Europe(Corporate Member)

一般社団法人ESG情報開示研究会