その他の被災地支援

熊本地震被害への支援

2016年4月、熊本県を中心とする九州地域で発生した地震による被害に対し、義援金として国際人道支援組織「ジャパン・プラットフォーム」へ1,000万円を拠出しました。自然災害時の緊急援助をより効率的かつ迅速に行うため、加盟NGOの活動へ分配され、直接的な現場支援に活用されています。
さらに4月18日~27日の期間で熊本地震被害支援の社員緊急募金を実施し、集まった2,565,754円と会社からの同額マッチング分を合わせて総額5,131,508円を、社会福祉法人中央共同募金会に寄付しました。被災状況に応じて熊本県共同募金会および大分県共同募金会に按分の上、送金され、被災自治体を通じて被災された方々に直接分配されます。
また、熊本市からの要請に基づき、支援物資として被災地で必要とされている簡易トイレ1,200個、下着・インナー類1,700枚、枕1,000個(米国陸軍・海軍の寒冷地用防寒着に採用されていたプリマロフト使用)などを、5月初旬までに避難所の方々にお届けしました。
今後、被災地の状況のニーズに合わせて、社員ボランティアの派遣も検討中です。

災害支援義援金

国内外での大規模災害発生に際し、人道的見地より、義援金拠出・物資の提供を行っています。現地の支店・事務所とも連絡をとりながら下記の支援を実行しました。

最近の義援金拠出例

エクアドル地震 2016年4月

2万米ドル(約213万円)

熊本地震 2016年4月

¥10,000,000

台風18号等による大雨被害 2015年9月

¥5,000,000

ネパール地震 2015年4月

¥2,000,000

広島集中豪雨 2014年8月

¥5,000,000

中国 雲南省地震 2014年8月

30万人民元(約513万円)