アクションプラン

マテリアリティを特定し、「サステナビリティアクションプラン」に落とし込みを行っています。
中長期的な成長と社会への価値提供の姿を示す「コミットメント」、コミットメントを達成するための具体的な「対応アプローチ」と「成果指標」を定め、サステナビリティを推進しています。

リスク 機会
  • 適切な対応を実施しない場合の、労働生産性の低下、優秀な人材の流出、ビジネスチャンスの逸失、健康関連費用の増加 等
  • 働きがいのある職場環境の整備による、労働生産性の向上、健康力・モチベーションの向上、優秀な人材の確保、変化やビジネスチャンスへの対応力強化 等
SDGs
目標
取組むべき
課題
Co 事業
分野
コミットメント 具体的対応アプローチ 成果指標(単体)
アイコン
働き方改革を通じた業務効率化と長時間労働の是正 総本社 人事 メリハリのある働き方を推進し、総労働時間を削減することで労働生産性及び社員エンゲージメントの向上を目指します。

<伊藤忠商事単体>

  • 朝型勤務の推進。
  • 社員の勤務状況の定期的なモニタリングを実施。
  • RPAをはじめとしたITツール活用による業務自動化推進、モバイルワークの推進。
  • 業務効率化プロジェクトを組織単位で推進。

<伊藤忠グループ>

  • 伊藤忠グループでの効率的な働き方及び適正な労働時間管理、教育・啓蒙活動。
  • 2020年度:年間平均残業時間を朝型勤務導入前比10%以上減。
  • 2020年度:20時以降退館者数5%以下。
  • 2020年度:精勤休暇取得率70%以上。
  • エンゲージメントサーベイによる「社員エンゲージメント」項目の肯定的回答率が70%以上。
従業員の健康力強化 総本社 人事 社員一人ひとりの健康力を増進し、個の力をより一層発揮できる環境を整備していきます。がん・長期疾病を抱える社員に対する両立支援体制の構築を通じ、支え合う風土を醸成します。
  • 定期健康診断の100%受診継続。
  • 充実した社内診療所及び社員一人毎の専属医療支援体制の整備。
  • がんとの両立支援策の推進。
  • 社員食堂での健康メニューの提供。
  • 禁煙治療補助プログラムの推進。
  • 社員向け健康管理サイト『Re:body』の活用及び生活習慣病予備軍向けの特別プログラムの継続実施。
  • 定期健康診断受診率100%。
  • 2020年度:健康力指数(BMI等)の2016年度比改善。
  • 2020年度:がん・長期疾病による離職率0%。
  • 2020年度:ストレスチェックによる高ストレス者比率5%以下。
社員の持続的な能力開発 総本社 人事 時代の変化及びビジネスニーズに応じたグローバルベースでの研修プログラムを開発し、また研修プログラムを活用し優秀な人材を継続的に輩出します。
  • すべての階層での研修プログラムの継続的な開発と実施。
  • 海外実習生派遣・語学研修生派遣の継続・強化。
  • 定期的なローテーションによる多様なキャリアパス・職務経験の付与。
  • 人材アセスメント、キャリアビジョン研修、キャリアカウンセリング制度・体制等の充実による、社員個人のキャリア意識の醸成。
  • 2020年度:年間E&D費10億円超。
  • エンゲージメントサーベイによる「教育・研修」項目の肯定的回答率が60%以上。
  • 2020年度:入社8年目までの総合職、ビジネスレベルの英語スキル修得率100%。
  • 2020年度:入社8年目までの総合職、海外派遣率80%以上。
アイコン
アイコン
アイコン
多様な人材が活躍する環境の整備 総本社 人事 年齢、性別、国籍等、あらゆる差別を禁止し人権を尊重します。育児・介護・疾病等を理由として勤務時間等に制限のある社員も活躍できる環境を整備していきます。
  • 公平な採用、登用の継続。
  • 互いが尊重し支え合う職場風土作り。
  • 障がい者の労働環境に対する合理的配慮。
  • LGBTへの対応及び社員教育の実施。
  • 社内託児所、介護支援サービスの拡充。
  • 社員のライフステージ・キャリアに応じた個別支援の拡充。
  • モバイルワークを活用することでの柔軟な働き方の推進。
  • 65歳超のシニア人材の活躍支援。
  • 2020年度:総合職に占める女性総合職比率10%。
  • 2020年度:指導的地位に占める女性総合職比率10%。
  • 2020年度:障がい者雇用率2.3%。