そもそも総合商社とは?

総合商社のビジネスモデル

総合商社の強みは、①新たなビジネスチャンスを探し出す情報収集能力、②豊富な資金を活用しあらゆるビジネスの可能性を拡大する力、③グローバルな物流網と多様な販路を活用し商品供給に積極的に関わる力、④マーケティングを通して既存ブランドの価値向上を行う力などであると考えられています。

ビジネスのアプローチは大きく分けて、トレードと事業投資の二つがあります。トレードの継続・拡大により、取引先との信頼関係が生まれて事業投資へ発展します。また、事業投資をきっかけにビジネスニーズを発見し、新たなトレードへ発展することもあります。この二つのアプローチの相乗効果を活かしてビジネスは拡大していきます。

トレード

トレードは総合商社の伝統的かつ基本となるビジネスであり、重要な機能となっています。あらゆる商材の販売チャネルと情報・物流ネットワークをグローバルに張り巡らせることから始まり、ビジネスと密接に関連した金融・保険機能をフルに活かして一貫した取引の流れを構築します。その結果、生産者の販売機会の拡大及び需要家の競争力ある調達に貢献し、収益機会を得ます。

トレーディング

事業投資

ビジネス創造の重要な手段となるのが事業投資です。総合商社の事業投資は、配当などの取込利益だけを目的とするものではありません。トレードの拡大や関連ビジネスからの収益拡大が実現可能かについても投資する際の判断基準に置きながら投資決定を行います。経営参画や子会社化など、最適な形で投資を実行したら、人材・資金・情報・経営ノウハウ等の経営資源を投入し、事業経営をサポートします。これにより出資先企業の企業価値を向上させると共に、総合商社のグループ収益の最大化も可能となります。近年、総合商社はグループ経営をより重視しています。

事業投資

変化への柔軟な対応

総合商社は、その時々で最も成長が期待できる分野に軸足を移しながら、 環境変化の中で、柔軟に事業のバランスを変化させていくことが可能です。またそれが必要な能力とも考えています。

例えば、2011年度前半までの資源ブームが終わった後は、資源価格はかつてのような上昇は期待できず、不透明感が強い状況が継続すると見られています。一方では、中長期的には新興国を中心に、人口増加に伴う各国内需の堅調な拡大が続くと予想されます。従い、当社の場合、当社の強みであり、比較的安定した収益の見込める生活消費関連分野を中心とした非資源分野の収益拡大に軸足を移しています。

もっと詳しく知りたい方へ

配当の推移、配当利回りなどをご覧いただけます。

株主の皆様は、伊藤忠の経営に参加し、配当を受け取ることができます。

最新の決算の概要をご覧いただけます。

決算情報など、IRの最新情報をメールでお届けします。