ノイン株式会社への出資について

2020年4月28日

伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長COO:鈴木善久、以下「伊藤忠商事」)は、ノイン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:渡部賢、以下「ノイン社」)が第三者割当増資により発行する株式の一部を引き受けることに合意しました。ノイン社が運営する化粧品ECプラットフォーム「NOIN(ノイン)」を活用し、ブランドビジネスとのシナジー創出を目指します。

ノイン社は、「すべての人にわくわくする毎日を」というミッションを掲げ、2017年10月に化粧品コマースメディアの運営を開始しました。現在では、自社アプリ「NOIN」のダウンロード数が250万DLを突破するなど、業界をリードする化粧品ECプラットフォーマーへと成長を遂げています。今春からは、約30万件に及ぶ自社の購買データを活用し、メーカーを支援する「データマーケティング支援プラン」や「オンライン販売支援プラン」の提供を開始するなど、EC事業、メディア事業、データマーケティング事業の3分野を軸に、事業を拡大しています。

伊藤忠商事は、中期経営計画「Brand-new Deal 2020」の基本方針の一つである「商いの次世代化」の一環として、ブランドビジネスにおけるEC事業の拡大と、新たな流通チャネルへの参入に向けて取り組んでいます。化粧品業界は、ブランドビジネスとも親和性が高く、ノイン社との協業により、新規ブランドの導入や既存ブランドのライセンス拡大、更にはEC事業やデータマーケティング事業など、さまざまなシナジーが見込まれることから、合意に至りました。

今後は、伊藤忠商事の有するブランドビジネスにおけるノウハウやネットワークを活用することで、ノイン社の事業拡大と企業価値の向上を支援するとともに、ノイン社の化粧品分野における幅広い知見との融合を図ることで、ブランドビジネスの次世代化を加速させていきます。

「NOIN」のアプリ