アクセシビリティポリシー

伊藤忠商事では、当ウェブサイトでご提供する情報やサービスについて、年齢・身体的制約・ご利用環境などに関わらず、より多くの皆様に問題無くご利用いただけるよう、アクセシビリティの確保および向上に努めてまいります。

規格・指針

下記の規格・指針に沿うことで、アクセシビリティを確保したサイトを制作・運営する。

  • 日本工業規格「JIS X 8341-3:2016」
  • W3Cが提唱しているアクセシビリティガイドライン「WCAG 1.0 (Web Content Accessibility Guidelines1.0)」

具体的な留意事項

構造および表示スタイル

  • 適切な文書構造に従って記述する。
  • W3C規格の仕様・文法に従う。
  • 画面全体又は一部が早い周期で点滅しないようにする。
  • 共通ナビゲーションは、読み飛ばせるようにする。
  • 各ページタイトルは、利用者に内容が分かりやすいように記述する。
  • リンク及びボタンは、識別しやすく、操作しやすくする。
  • PDF書類や動画、アプリケーションなど処理に時間がかかる要素へのリンクには、データサイズを記述する。
  • 利用者からの問合せ先をページ上の分かりやすい位置に明示する。
  • 事前に知らせている場合を除いて、別ページに移動したり、新しいページを開かない。
  • プラグインが必要なデータには、各種必要なプラグインバナーを表示し、プラグインをダウンロードするサイトへとリンクを飛ばす。
  • すべての利用者がコンテンツを理解し操作できるよう、明快かつ簡潔な説明や補足を付ける。

操作および入力

  • ポインティング・デバイスにより実行される操作のほとんどを、キーボードでも実行可能にする。
    (クリックする、選択する、動かす、拡大・縮小する、Tabキーによる順序を保持したフォーカス移動及び打けん)
  • 制限時間があるときは、利用者が時間制限を延長又は解除できるようにする。やむなくできない場合、代替手段を用意する。

非テキスト情報

  • 画像には、代替テキスト情報を付ける。
  • リンクする画像には、リンク先の内容が予測できる<Alt属性>による代替情報を記述する。
  • 変化又は移動する画像やテキストは、その速度、色彩・彩度の変化などに注意して作成する。
    また、利用者がそれを一時停止、停止、若しくは非表示にする、又はその更新頻度を調整することができる。

文字および言語

  • フォントには、読みやすいサイズや書体を指定する。
  • 単語の途中にスペース又は改行を入れない。
  • コンテンツの一節又は語句それぞれの自然言語がどの言語であるかを、プログラムが解釈できるようにする。

  • 音は、利用者が大きさやON/OFFを制御できるようになっている。
  • 自動的に音を再生しない。自動的に再生する場合には、再生していることをページ内に記述する。
  • 音声ブラウザによって読み上げた際に、本文へ移動できる機能を用意する。
  • 音声ブラウザでの読み上げに配慮した表記とする。