企業行動倫理規範

「企業行動倫理規範」の原則に基づき、関係法令・国際ルールを遵守しつつ、高い倫理観をもって、全役員・社員が日々の業務を実践することにより、企業行動指針である「ひとりの商人、無数の使命」を果たしていきます。本規範の策定は取締役会で決定。その運用は取締役会に適宜報告・管理監督されるものとします。

持続的経済成長に向けたイノベーション

イノベーションを通じて次世代の有用で安全なサービス・商品の開発行い、持続可能な経済成長と社会課題の解決を図る。

人権の尊重

企業活動全体を通じてすべての人々の人権の尊重に取り組む。

働き方の改革、職場環境の充実

従業員の能力を高め、多様性、人格、個性を尊重する働き方を実現する。また、健康と安全に配慮した働きやすい職場環境を整備する。

地球環境の保全

地球環境の保全と社会の持続的な発展のために事業活動を通じて環境課題へ積極的に取組む。

公正な事業活動

腐敗を防止し、公正かつ自由な競争ならびに適正な事業慣行取引を行う。また、グローバルな企業活動や調達を実施するにあたり、法令や国際的な取決めを遵守する。政治、行政との健全な関係を保つ。

情報の管理・提供

事業活動で得た情報の管理徹底を行い、また企業と商品・サービスの透明性を保持するため、ステークホルダーに対して適切な情報提供及び誠実なコミュニケーションを行う。

社会貢献

「良き企業市民」として、積極的に社会に参画し、豊かで住みよい社会の発展に貢献する。

危機管理の徹底

持続可能な社会や企業活動への脅威である反社会的勢力の行動やテロ、サイバー攻撃、自然災害等に備え、組織的な危機管理を徹底する。

代表取締役 専務執行役員CAO 小林 文彦

2020年4月