コーポレート・ガバナンス/コンプライアンス

伊藤忠商事は、「伊藤忠グループ企業理念」及び「伊藤忠グループ企業行動基準」に則り、様々なステークホルダーとの間で公正かつ良好な関係を構築することにより、長期的な視点に立って企業価値の向上を図ることを経営の基本方針とし、この基本方針に従い、適正かつ効率的な業務執行を確保することができるよう、意思決定の透明性を高めるとともに、監視・監督機能が適切に組み込まれたコーポレート・ガバナンス/コンプライアンス体制を構築します。

コーポレート・ガバナンス

適正かつ効率的な業務執行を確保するため、意思決定の透明性を高めるとともに、監視・監督機能が適切に組み込まれた経営体制を構築しています。

コンプライアンス

信用を毀損することのないよう、グループ一丸となってコンプライアンスの徹底に取組んでいます。

内部統制システム

不断の見直しによって継続的に内部統制システムの改善を図り、より適正かつ効率的な体制の構築に努めています。

ステークホルダーへの説明責任

2017年3月期における主なIR活動です。

取締役会開催実績と役員報酬

当社コーポレート・ガバナンス体制のもとでの、取締役会実績と役員報酬等、主な取組実績です。

IR基本方針

当社のIRの基本的な考え方です。