海洋プラスチックごみを原材料に使用した回収BOXを「ファミマフードドライブ」に導入

2021年9月21日

伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長COO:石井敬太、以下「伊藤忠商事」)は、株式会社ファミリーマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:細見研介、以下「ファミリーマート」)、テラサイクルジャパン合同会社(本社:神奈川県横浜市、アジア太平洋統括責任者:エリック・カワバタ、以下「テラサイクル」)と協働し、ファミリーマートが展開する「ファミマフードドライブ」(※1)において、長崎県対馬市に漂着した海洋プラスチックごみを原材料の一部に使用した、食品の「回収BOX」を開発いたしました。10月初旬から全国500店舗以上で順次導入してまいります。

昨今、海洋ごみ問題は世界的に注目され、対策が急がれています。特に長崎県対馬市には、年間約2万立米の海洋ごみが漂着(※2)していると推定されており、深刻な社会問題となっております。

3社で開発した海洋プラスチックごみを原材料の一部に使用したファミリーマートの店舗用備品は、2021年2月に導入した買い物かご(※3)に続き、今回が2例目となります。今回も前回同様、テラサイクルが長崎県対馬市で回収された海洋プラスチックごみを調達し、伊藤忠商事と協働して製造したものとなります。このたびの「ファミマフードドライブ」の「回収BOX」の導入を通じて、世界的な関心となっている海洋プラスチックごみ問題の啓発活動にも取り組んでまいります。

回収BOXについて

【サイズ】
・外寸 530×366×325 mm

【容量】
・50リットル

【特徴】
・長崎県対馬市で回収された海洋プラスチックを原材料の一部に使用しております。




伊藤忠商事は中期経営計画の基本方針として、「『SDGs』への貢献と取組強化」を掲げており、海洋プラスチックの削減と、海洋プラスチック問題の啓発などを通じて、SDGsの実現に貢献してまいります。

■伊藤忠商事はサステナブルなライフスタイルやファッション、環境にやさしい素材など、さまざまな分野でのエコロジーな取り組みを紹介するメディア「EQUALLY BEAUTIFUL.」を立ち上げました。
https://equallybeautiful.com/