中国IAT Automobile Technologyとのグローバル展開における戦略提携について

2021年10月28日

伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長COO:石井敬太、以下「伊藤忠商事」)は、IAT Automobile Technology Co., Ltd.(アイエーティー オートモービルテクノロジー 本社:北京、代表取締役会長:宣奇武、以下「IAT」)と、海外(中国以外、以下同様)における商用バンの脱炭素化に向け、共同で取り組みを進めるべく戦略提携を行いました。
 
IATは2007年設立の、内燃車・EV*1の設計、デザイン、カスタマイズ、部品開発など、車両開発全般を手掛け、1,700名の技術研究開発員を擁する独立系自動車エンジニアリング会社であり、中国国内において欧州をはじめとし日本、韓国、中国等の自動車メーカー60社以上を顧客としています。EV開発には2009年から取り組んでおり、10年以上に亘る、EVに関する開発経験・実績を有しています。

両社は昨今の世界的な脱炭素化の潮流が、今後、海外各国の物流分野でも急速に進むとの共通の見解を持っています。このたび、IATが開発する、EVバンユーザーのニーズに応える機能を兼ね備えた、競争力のある車両・部品の海外向け輸出、海外でのEV開発案件開拓、及び、EV関連事業検討を行うことに合意しました。

伊藤忠商事は国内外におけるEV戦略として、商用EV事業のグローバル展開に関する地上鉄との戦略提携、商用車のEV化促進に向けたバッテリー交換式EVトラックの研究開発、を進めています。今後も商用EV分野の取り組みを更に強化すべく、IATとの戦略提携によるEV開発・供給機能も加え、 『「マーケットイン」による事業変革』 と 『「SDGs」への貢献と取組強化』に向け、脱炭素型交通・物流モデルを構築し、循環型社会の実現に貢献していきます。

  • *1EV : Electric Vehicle 電気自動車

IATについて

会社名/本社所在地 IAT Automobile Technology Co., Ltd. / 中国北京市
上場 2020年3月深圳創業版上場(ストックコード:300825)
設立 2007年
創業者 宣奇武(Xuan Qiwu)
資本金 約3.3億元 (21年10月時点)
従業員数 1,800名(うち研究開発員1,700名)
事業概要 内燃車 ・ EVの企画・設計・開発、パワートレイン部品製造等
海外拠点 日本 、 アメリカ 、 トリノ

IAT設計によるEVイメージ