三重県桑名市にてカインズ専用物流施設が竣工

2023年6月30日

伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長COO:石井 敬太、以下「伊藤忠商事」)が伊藤忠都市開発株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:松 典男)と共同で開発を進めてきた物流施設「アイミッションズパーク桑名」が、2023年6月30日付で竣工しました。本施設は、全国でホームセンター事業を展開する株式会社カインズ(本社:埼玉県本庄市、代表取締役社長CEO:高家 正行、以下「カインズ」)専用物流施設として、竣工と同時にカインズへの引渡しが完了しました。

本施設が位置する多度地区南部は、三重県桑名市が産業誘導ゾーンとして定めたエリアです。東名阪自動車道「桑名」ICから約7.5km、「桑名東」ICから約7kmに位置し、全国への広域配送拠点及び名古屋中心地への配送拠点として利便性の高い立地です。今後も新名神高速道路、東海環状自動車道の整備に伴い更なる利便性の向上が見込めます。

本施設は、地上4階建の延床面積約28,000坪(危険物倉庫含む)、積載床荷重1.5t/㎡、有効階高5.5~6.5mと充実したスペックを備え、多種多様な商品の保管と効率的な庫内作業が可能な施設です。環境配慮も徹底しており、LED照明を全館に、人感センサー付き照明を一部に導入、また断熱性の高いサンドイッチパネルの採用、更に当社グループの株式会社VPP JAPAN(株式会社アイ・グリッド・ソリューションズ子会社)と連携して建物屋上での自家消費型太陽光発電所の導入等を予定しています。また、夜間にライトアップされる照明演出をアイミッションズパークシリーズで初導入したほか、コンセプトの異なる休憩ラウンジを3ヶ所設置する等、外装・内装にもこだわりました。

カインズは本施設を中部・西日本エリアの店舗への配送機能と海外荷物の保管施設機能を併せ持つ、「西のマザーセンター」と位置づけています。伊藤忠商事は、本件を契機に、カインズと更なる協業の実現を目指し、物流拠点の開発に留まらず、店舗新設や商材・資材の調達支援、物流機能の提供等、様々な形での価値提供に取り組んでまいります。

伊藤忠商事は、中期経営計画に「『SDGs』への貢献・取組強化」を掲げています。今後も最適且つ安心・安全な物流インフラを構築・提供することで、持続可能な社会の発展に貢献することを目指してまいります。

伊藤忠商事が運営する物流施設「アイミッションズパーク」サイト

https://imissionspark.com/

物件概要

名称 アイミッションズパーク桑名
所在地 三重県桑名市多度町
交通 東名阪自動車道「桑名」IC約7.5㎞/「桑名東」IC約7km
敷地面積 67,866.86㎡ (20,529.73坪)
延床面積 93,627.13㎡ (28,322.25坪)
着工 2022年4月15日
竣工 2023年6月30日

外観

桑名市の市章、カインズ 、伊藤忠のコーポレートカラー(緑、青)を基調とし、周辺の環境にもマッチしたグラデーションの効いたデザイン

夜間は照明によるライトアップ(木の枝をイメージ)

エントランス

内観

倉庫エリア

2F車路

休憩ラウンジ(各階ごとに異なるテーマ)

1F大地のラウンジ

3F緑のラウンジ

4F空のラウンジ