金属資源分野における鉱山操業のSDGs推進について

伯CSNグループとの脱炭素/操業DX化に関する覚書締結

2021年6月14日

伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、社長COO:石井敬太、以下「伊藤忠商事」)は、金属資源分野における脱炭素化・デジタル化推進を目指し、優れた技術を有する国内外の企業群と業務提携を実施・検討するとともに、取り組みのモデルケースとして伯CSNグループとのSDGsでの協業検討に関する覚書を締結致しました。 伊藤忠商事はCSNグループと共同でブラジル鉄鉱石権益(Casa de Pedra (CdP) 鉱山) を保有しており、デジタル化(以下「DX化」)によるCdP鉱山に於ける操業効率化や、同鉱山及びCSN社製鉄所等の低炭素化に寄与すべく、脱炭素/DX分野で協業検討することに合意致しました。また、今後はCSNグループと低炭素製鉄技術、水素・アンモニア、CCUS等による同社グループ操業における低炭素化に向けても、当社が取り組んでいる金属分野における脱炭素の取り組み等(※1)を含め広範に協業していく予定です。

DXへの取組

金属資源分野において、操業の効率化、コスト削減、安全性向上等を目的としたデジタル化(以下「DX化」) を推進するため、各工程での改善において優れたデジタルソリューション・ノウハウと実績を有する国内外の企業群(ソリューションベンダー)と業務提携を実施・検討をすることで合意致しました。 ※2 主要提携先一覧は別表参照
伊藤忠商事は、従来の権益投資・管理及びトレードビジネスを通じて築いた金属資源業界でのネットワークを活用し、伊藤忠商事が権益を保有する鉱山をメインターゲットに、DX化のニーズの発掘と、ソリューションベンダーへの紹介、DX化案件の指揮統括を実施します。また、各鉱山会社のニーズに合わせながら複数のソリューションのパッケージ化と、鉱山会社への提案及び導入支援を実施して参ります。
更に、DX化を通じた、排出ガス管理による操業の脱炭素化や、モニタリングの高度化による安全性の向上といったSDGs対応の為のソリューション提供も目指して参ります。

伯CSN Mineracao(CM)社でのデジタル化プロジェクト着手と伯CSNグループとの脱炭素/操業DX化での協業に関する覚書の締結

本取組のモデルケースとして、伊藤忠商事はGE Digital社と共同で、CdP鉱山にて操業のDX化プロジェクトに21年度4月から着手致しました。本プロジェクトの第一段階として、経営陣向けの操業データや経営・財務データの可視化及び、プラントや関連資機材の予防メンテナンスの実施や操業の解析と効率化の為のソリューションの実装を予定しており、コスト削減や、金属回収率の向上等を通して、事業収益性の改善に寄与する事が期待されます。第二段階以降では、鉱山操業から港湾操業までのデータ連携や、本社機能、マーケット情報とのより高度なデータ連携による更なる効率化を目指して参ります。
操業DX化での協業に加え、脱炭素化の世界的な気運が高まる中、CdP鉱山や、CSN社の製鉄等の他事業での排出CO2削減に寄与する為、CSN社・CSN Mineracao社・CSN Inova社(CSNグループ)とSDGsでの共同取組、新技術への共同投資実施に向け覚書を締結し、CdP鉱山のモデルケースにおいて、操業DX化と共に、脱炭素化取組を検討していくことを合意致しました。将来的にモデルケースでの取り組みを基に、第三者の鉱山・事業への共同展開も図ってまいります。

伊藤忠商事は中期経営計画「Brand-new Deal 2023」の基本方針のひとつとして『「SDGs」への貢献と取組強化』を掲げており、今後も権益を保有する鉱山を中心に、金属資源業界全体の操業の効率化、安全性の向上及びSDGsの達成に向けて貢献してまいります。

※2 別表:主要提携先(ソリューションベンダー)

企業名 所在地 鉱山業で活用される主要ソリューション
GE Digital 米国等
鉱山操業におけるプラント等の資産管理や操業管理の最適化を支援する為の、デジタルツインをはじめとしたソリューションを提供する。同ソリューションの活用により関連データの統合や、操業の平準化、自動化を支援し、生産効率の向上とコスト削減が期待される。
Shell 英国 金属資源業界における脱炭素化及びデジタル化のニーズに対応するため、IBMと共同開発した業界初のB2Bデジタルマーケットプレイス「Oren」を通して、鉱山会社に約60種類のデジタルソリューションとテクノロジーソリューションを提供する。
スタートアップを含む様々な企業が参画するこのマーケットプレイスでは、操業効率の向上、在庫管理の最適化、鉱山のSDG達成の支援を目的としたIoTセンサー等のハードウェアやAIを活用したソフトウェア等の、幅広いソリューションを提供している。
MineRP 南ア 分断管理されがちな鉱山操業に関連する個別のシステム、データを統融合、解析し、鉱山の操業現場を単一システム上で一括管理。同システム上での、シュミレーションスタディや、最適な採掘計画の自動策定を実現するソリューションを提供。計画の精度向上及び、従来膨大な時間がかけられていた作業時間の大幅削減に貢献する。
センシンロボティクス 日本 ドローンをはじめとするロボティクス技術を活用し、設備点検等の業務のリモート化、効率化、自動化、安全改善を可能にするソリューションを提供。特に重工業・インフラ・災害支援で実績を重ねており、鉱山業においては、鉱石処理プラントや鉱石在庫のモニタリングに活用される。
Scan X 日本 LiDARによって取得された3D点群データの、クラス分類機能(地表面や植生、関連重機等の分類)を用いた、ノイズ除去、地表面の抽出の自動化と、機械学習を用いた特定対象物の抽出を可能にするソリューションを提供。採掘現場のモニタリングの効率化や精度向上による安全性改善に貢献する。

※3 本取組概略図