2017年度の東日本大震災復興支援の取組

伊藤忠子どもの夢ファンド

「伊藤忠子どもの夢ファンド」とは、東日本大震災で被災した子どもたちへのサポートを目的に、伊藤忠商事が2013年3月より展開している復興支援活動です。これからもさまざまなジャンルで、継続的に子どもたちの夢を応援していきます。

[写真]
[写真]

「伊藤忠子どもの夢カップ」開催による少年野球チームの支援

震災で特に大きな被害を受けた陸前高田市で頑張っている子ども達を支援するため、陸前高田市の全スポーツ少年団5チームが参加する少年野球大会「伊藤忠子どもの夢カップ」を2018年も春季及び秋季2回開催しました。
春季大会は2018年5月28日、6月10日、秋季大会は9月23日、24日に、いずれも陸前高田市立小友小学校グラウンドにて開催され、伊藤忠グループ社員もボランティアとして大会に参加しました。秋季大会では、伊藤忠グループ会社の野球部の現役選手が中心となったチームと親善試合も行い子どもたちとの交流を深めました。

[写真]
[写真]

福島の強豪少年野球チームの交流試合を明治神宮野球場にて開催

福島の子どもたちは野外での活動に制限があり、スポーツの練習も思うようにできていないという現地NGOから聴取したニーズをもとに、2018年2月25日、福島県の強豪少年野球チーム、小名浜少年野球教室スポーツ少年団を明治神宮野球場に招待し、東京都のナインスターズとの交流試合を実施しました。神宮外苑及び東京ヤクルトスワローズの全面的な協力のもと、子どもたちは、実際にプロ野球選手が使用しているロッカールームや練習場を使用し、1日プロ野球選手体験を楽しみました。子どもたちは憧れの神宮球場に終始興奮気味。結果は3対0で東京都のナインスターズが勝利。その後、伊藤忠グループの野球部を中心とする社員ボランティア等と共にファミリーマート提供による昼食を楽しみました。

伊藤忠たかたのゆめプロジェクト

[写真]
[写真]

伊藤忠商事では、食品原料の販売会社である伊藤忠食糧株式会社を通じて、岩手県陸前高田市のブランド米「たかたのゆめ」の販売支援を実施しています。

「たかたのゆめ」は、津波で甚大な被害に遭った陸前高田市が、地域競争力の確保、農業復興のシンボルとして、地域ブランド米としての確立を目指し2013年秋から展開しているお米です。本プロジェクトでは、生産過程においても伊藤忠グループの社員ボランティアが現地農家の方と交流しつつ、2017年度も5月の田植えから、10月の稲刈りまで継続して支援しました。また、「たかたのゆめ」の認知度向上を目的に、東京本社周辺の飲食店を巻き込むなど様々なPR施策を実施しています。2018年3月には、都内各所でPRイベントを開催し、市の職員と共に伊藤忠商事の社員ボランティアが「たかたのゆめ」のPRを行いました。

伊藤忠グル―プのプラットフォームやノウハウを活用し、「たかたのゆめ」の生産から販売までを支援することで、本業を通じた被災地支援を行っています。

最新の活動はこちらからご覧ください。

伊藤忠記念財団を通じた被災地支援活動

[写真]
1冊ごとに心をこめて(おはなし ころころ 宮城県)

伊藤忠記念財団と共に 東南アジアに絵本を贈ろう in 東北

「東南アジアの子ども達へ日本語絵本に現地語翻訳シールを貼って届ける活動」を行っている公益社団法人シャンティ国際ボランティア会より購入したキットを使用し、現地語の翻訳シ-ルを絵本に貼る作業を、伊藤忠記念財団と共に、毎週、社員ボランティアが行っていますが、この活動を被災地の子どもたちにも拡げる取組を2014年度から実施しています。2017年度は、福島、岩手、宮城の3県の家庭文庫や図書館、小中高等学校など16ヵ所で、現地で子どもの読書活動されている7団体のご協力を得て、延べ399名がこの活動に参加しました。

[写真]
たちまち物語の世界へひきこまれる(越喜来小学校)

株主の皆様と行う「子どもの本100冊図書の寄贈」

株主様宛情報の電子化にご承認いただき、節約できた用紙代・郵送料等を、伊藤忠記念財団が行う文庫助成に協力する活動を2012年度から行っています。
2017年度は5,411名の株主様にご賛同いただき、伊藤忠商事からも同額のマッチングを加え、伊藤忠記念財団が東日本大震災で大きな被害を受けた以下の8校に、地元書店を通じて新品の図書セットを届けました。

【2017年度寄贈先】

岩手県

越喜来小学校(大船渡市)、中野小学校(九戸郡洋野町)、宮古小学校(宮古市)、豊間根小学校(山田町)

宮城県

戸倉小学校(南三陸町)、城南小学校(多賀城市)

福島県

小川小学校(いわき市)、桶売小学校(いわき市)