社会貢献活動基本方針

伊藤忠商事の企業理念である「三方よし」は、「売り手よし」「買い手よし」に加えて、近江商人がその出先で地域の経済に貢献し、「世間よし」として経済活動が許されたことに起源があるとされています。「三方よし」に基づき、伊藤忠商事グループは、「事業活動による地域経済発展への貢献」と「事業地域および世界各地における社会貢献活動」を通じて、地域社会・コミュニティと協調して相互の発展を目指しています。

企業理念とサステナビリティ上の重要課題に沿って、以下「次世代育成」「環境保全」「地域貢献」の3つを社会貢献活動の重点分野に定めています。

  1. 次世代育成

    伊藤忠商事は、事業地域を中心に次世代を担う青少年の健全な育成を支援する活動を行い、心豊かで活力ある社会の実現に貢献します。
  2. 環境保全

    伊藤忠商事は、環境保全活動を積極的に行い、社会の持続的な発展に貢献します。
  3. 地域貢献

    伊藤忠商事は、良き企業市民としてコミュニティ開発を推進し、事業地域社会との良好な関係を構築し、事業地域との対話・協議を行います。

社会貢献活動の重点分野と事業との関わり

「『SDGs』への貢献・取組強化」は、2021年からはじまった中期経営計画「Brand-new Deal 2023」の基本方針の1つとして掲げおり、当社では主要戦略のひとつとして位置づけられています。
サステナビリティ戦略である「環境・社会・ガバナンス(ESG)の視点を取り入れたサステナビリティ上の重要課題」と、事業戦略の「『SDGs』への貢献・取組強化」、及び社会貢献活動の重点分野の関連は以下に示す通りです。

重点分野 「『SDGs』への貢献・取組強化」
サステナビリティ上の重要課題への対応
次世代育成 主要なSDGs目標 目標4:すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する 関連する活動はこちらをご覧ください
重要課題 健康で豊かな生活への貢献
環境保全 主要なSDGs目標 目標15:陸上生態系の保護、回復及び持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止及び逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る 関連する活動はこちらをご覧ください
重要課題 気候変動への取組み(脱炭素社会への寄与)
地域貢献 主要なSDGs目標 目標17:持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する 関連する活動はこちらをご覧ください
重要課題 人権の尊重・配慮

1993年8月制定
2022年4月改訂