SDGs債(サステナビリティボンド)

SDGs債(サステナビリティボンド)

フレームワーク

当社は国際資本市場協会(ICMA)が定めるグリーンボンド原則2018、ソーシャルボンド原則2020及びサステナビリティボンド・ガイドライン2018に基づき、以下のSDGs債フレームワーク(サステナビリティボンド・フレームワーク)を策定しました。

SDGs債フレームワーク(PDF:832KB)[PDF]

セカンド・パーティ・オピニオン

当社が策定したフレームワークについて、Vigeo Eiris(現ムーディーズESGソリューションズ)より、サステナビリティボンド・ガイドライン等の原則との適合性に対する外部評価(セカンド・パーティ・オピニオン)を取得しました。

セカンド・パーティ・オピニオン(Vigeo Eiris)(PDF:1.2MB)[PDF]

レポーティング

資金充当レポート及びインパクトレポート(影響評価報告)(2022年5月)

2021年3月に発行したSDGs債による調達資金USD500Mに関して、SDGs債フレームワーク3.2項に則り、適格事業への取組みに充当しました。また、調達資金が充当された適格事業による環境・社会へのインパクト(効果)を算定しました。

資金充当レポート及びインパクトレポート(影響評価報告)(PDF:146KB)[PDF]

発行後レビュー(2022年5月)

当社が作成した資金充当レポート及びインパクトレポートについて、ムーディーズESGソリューションズ(Vigeo Eirisより社名変更)より発行後レビューを取得しました。

発行後レビュー(PDF:918KB)[PDF]

本件に関するプレスリリースはこちらをご覧ください