方針・基本的な考え方

サプライチェーン

伊藤忠商事はそれぞれの事業活動に合わせたサステナビリティマネジメントを通して、サプライチェーンや事業投資先の人権・労働及び環境等へも配慮していきます。
これにより持続可能なバリューチェーンを構築し、伊藤忠グループの競争力・企業価値の向上につなげていきます。

サプライヤーへのサプライチェーン・サステナビリティ行動指針の通知

サプライヤーから当社の調達に関する方針の理解と協力を得ていくことが重要と考え、2013年度に、継続的取引のある約4,000社のサプライヤーに対して「伊藤忠商事サプライチェーン・サステナビリティ行動指針」を改めて通知しました。また2015年1月からは新規のサプライヤーと取引を行う場合は必ず事前に通知することを定め、当社のサステナビリティに関する方針についてコミュニケーションを深めています。

伊藤忠商事サプライチェーン・サステナビリティ行動指針

伊藤忠商事は、企業理念である「豊かさを担う責任」を果たすために、持続可能な社会の実現に向け、その事業活動を通じてサステナビリティを推進しています。
その事業形態の特性上、サプライチェーン上の多岐にわたる取扱商品・サービスの社会・環境影響に配慮し、サプライチェーンマネジメントに取組んでいく必要があります。
伊藤忠商事は「サプライチェーン・サステナビリティ行動指針」を定め、サプライヤーに対して伊藤忠商事の考え方を伝え、以下に定める項目への理解と実践を期待し、働きかけていきます。

  1. 従業員の人権を尊重し、体罰を含む虐待などの非人道的な扱いを行わない。
  2. 従業員に対する強制労働・児童労働を行わない。
  3. 雇用における差別を行わない。
  4. 不当な低賃金労働を防止する。
  5. 労使間の円滑な協議を図るため従業員の団結権及び団体交渉権を尊重する。
  6. 法定限度を超えないよう、従業員の労働時間・休日・休暇を適切に管理する。
  7. 従業員に対して安全で衛生的かつ健康的な労働環境の提供に努める。
  8. 事業活動において、生物多様性・その他環境問題に配慮し、エネルギー、温室効果ガス、水、廃棄物、その他資源の削減に努める。
  9. 関係法令及び国際的なルールを遵守し、公正な取引及び腐敗防止を徹底する。
  10. 上記の各項目に関する情報の適時・適切な開示を行う。

以上