カスピ海油田開発事業

アゼルバイジャン共和国領カスピ海海域ACGプロジェクトにおける原油の開発・生産

ACG鉱区の概要

[写真]
生産プラットフォーム(BP社提供)

当社子会社のITOCHU Oil Exploration (Azerbaijan) Inc.は、1996年に本鉱区の参加権益3.9205%を取得し、2010年8月に追加権益取得により4.2986%の持分としました。 また、2017年9月に2049年までの生産物分与契約の延長契約に調印し、2018年1月1日に発効しました。尚、今般の契約延長に伴い、伊藤忠の権益比率は3.6489%へと変更となりました。
ACG鉱区は、アゼルバイジャン共和国首都のバクー市の東約100kmのカスピ海海域に位置し、鉱区面積は、432.4km2です。ACGプロジェクトは、アゼリ油田、チラグ油田、グナシリ油田の3油田により構成されており、現在の生産量は日量約59万バレル(2017年通年実績)です。本鉱区の参加権益保有者は、同社のほか、オペレーターのBP社(30.37%)、SOCAR社(25.00%)、Chevron社(9.57%)、国際石油開発帝石株式会社(9.31%)、Statoil社(7.27%)、ExxonMobil社(6.79%)、TPAO社(5.73%)及びONGC Videsh Limited社(2.31%)となっております。

BTCパイプライン

[図]
BTCパイプラインルート

アゼルバイジャン共和国バクーからジョージア・トビリシを経由し、地中海に面するトルコ共和国ジェイハンに至る総延長1,768kmの原油パイプラインで、通油能力は、日量120万バレルとなっております。当社は、アゼルバイジャンACG鉱区生産原油の搬出路確保を目的として、2002年より子会社ITOCHU Oil Exploration(BTC)Inc.を通じて、本パイプラインの建設・操業の事業主体であるBTC Co.に3.4%の出資シェアで参加しております。

ACG鉱区における原油の追加生産開始について(チラグオイルプロジェクト)

2010年より本鉱区にて開発作業を進めてきたチラグ油田及びグナシリ油田深海部の浅層を含む大規模な開発である「チラグオイルプロジェクト」(以下、本プロジェクト)において、2014年1月より6基目のプラットフォームから原油の追加生産を開始しました。カスピ海海域に位置する本鉱区で生産された原油は、BTCパイプライン等を経由してトルコの地中海沿岸などに送られ輸出されます。本プロジェクトは、総額約60億米ドルの費用を投じ、最大日量18万3,000バレルの原油生産が可能な生産プラットフォームの設置や、新たな開発井の掘削等を施し、原油の追加生産を行うものです。当社は、今後も本鉱区の価値を高める開発計画を継続していきます。