組織図

2021年4月1日現在

[図]

エネルギー部門

エネルギー部門は、原重油・石油製品・LPG・LNG・天然ガス・水素等、エネルギー関連商品全般のトレード、関連プロジェクトの推進及び石油・ガスプロジェクトの探鉱・開発・生産業務の推進を行う部門です。

石油・LPガス貿易部

本社及び各事業会社を通じ、原油・石油製品・LPGのトレーディング業務、卸売業務等を世界の多くの地域で実施しています。

天然ガス事業開発部

カタールのラスラファンLNGプロジェクトやオマーン・カルハット両LNGプロジェクト等の既存案件の事業管理を行うとともに、新規案件の発掘及びLNGマーケティング等に取り組んでいます。

石油・ガス開発部

アゼルバイジャン(ACG&BTC)、ロシア(Sakhalin-1,INK-Zapad)、イラク(west Qurna1)での既存案件の事業管理を行うとともに、既存拡張・新規案件の発掘・推進を手掛けています。

化学品部門

化学品部門は、基礎化学品から合成樹脂製品、電子材料、医薬品など幅広い商品群のトレード並びに事業投資を行う部門です。

基礎原料化学品部

有機基礎原料、ポリエステル原料、メタノール、硫黄など川上製品の投資・トレーディング業務、卸売業務等を、本社及び世界各地の海外拠点を通じ全世界で実施しています。

工業原料化学品部

アクリル・ナイロン等の合成繊維原料、食料需要に関連する肥料ビジネスに加え、国内外事業投資を通じ機能性化学品から医薬品を含む広範な事業領域を有します。

合成樹脂部

汎用樹脂、合成ゴムを中心としたグローバルトレード及び各種樹脂添加剤、樹脂製品の販売活動を広範に展開しております。また、タキロンシーアイ(株)を始めとする多くのグループ会社と一体となった強固なグループ経営を推進しております。

リーテイル・資材部

小売業向け弁当容器等の食品包材、レジ袋等の店舗資材、傘、衛生用品等の日用品雑貨品等の製品及び各種包材用の樹脂原料の納入を幅広く展開する等、川下分野における製造/販売を本社、国内外事業会社と一体で行っています。

電力・環境ソリューション部門

「電力・環境ソリューション部門」は、太陽光・風力・バイオマス発電、電力トレード、蓄電池ビジネス等、「マーケットインの発想」で、環境負荷の低い次世代電力ビジネスの面展開を進めています。

電力・ユーティリティービジネス部

日本国内における電力トレード事業や、グループ企業の青山エナジーサービスによる熱供給事業のほか、エネルギーソリューション事業を始めとする新規案件を推進しています。

次世代エネルギービジネス部

次世代型蓄電池や、バイオマス・太陽光発電等、再生可能エネルギー関連のトレード・事業開発を行っております。当社自社ブランドの蓄電システム「Smart Star L」は国内トップクラスの販売シェアを誇っています。