インドLPG物流事業

インド向けLPG物流事業に本格参入

ムンバイのLPガス貯蔵施設(イージス社提供)

2014年11月、当社グループを通じて、AEGIS GROUP INTERNATIONAL PTE. LTD. (以下、AGI社)の株式40%を取得しました。AGI社は、インドでLPG(液化石油ガス)や石油化学製品の物流・販売事業を展開するAEGIS LOGISTICS LIMITED(イージス社)の子会社で、イージス社が保有する受入基地向けを中心にLPGの供給事業を担っています。
インド向けのLPG販売量は民間企業としては第1位の年間70万トン以上を誇ります。
世界のLPG海上物流量が拡大基調にある中、 年間需要量がアメリカ、中国に続き世界第3位のインドは、経済成長、人口増、政府のクリーンエネルギー政策により一層の需要増加が見込まれ、有望な市場と して注目されています。当社は現在、日本や中国、韓国、フィリピン、インド、インドネシア、タイ等アジアに向けて、年間約500万トンのLPGを販売して います。今後成長市場であるインドに本格参入し、イージス社の販売網を最大限に活用してインドにおけるLPGの普及に寄与すると共に、アジア向けLPG供 給網を更に強化し、LPG関連事業の一層の拡大を図っていきます。