豪州及びインドネシアにおける石炭開発事業

[写真]
モールス・クリーク炭鉱の選炭機と周辺設備遠景

伊藤忠商事は、グレンコア社(スイス)及び、ホワイトヘイブン・コール 社(豪州)と共同で豪州において数々の石炭炭鉱開発事業を推進しています。
オーストラリアのニュー・サウス・ウェールズ州でホワイトヘイブン・コール 社と共に取り組んでいるモールス・クリーク炭鉱は2015年1月に生産を開始。今後、生産能力を現在の年間8.5百万トンから13百万トンレベルまで拡張 予定であり、同州で最大規模の炭鉱になります。さらに、同炭鉱が生産する石炭の日本向け独占販売権及び他国向け優先販売権を保有しており、電力会社・鉄鋼 会社をはじめとする日本・アジア需要家向けの販売活動に注力しています。
また、同クィーンズランド州でグレンコア社と推進しているロレストン炭鉱においても、更なるコスト競争力強化を目指して生産能力拡大中です。
インドネシアでは、カリマンタン島中央に位置するスプラバリ炭鉱で2015年初めより出荷を開始、供給ソースの多様化に貢献しています。