情報・通信分野

ITサービス事業

顧客企業のDX支援で強みを発揮

[写真]

ITソリューション事業を中心に、データ活用事業、インターネット関連サービス事業やベンチャーキャピタル事業など、様々な分野にまたがって総合的に顧客企業のデジタル化・DX化を推進しています。
ITソリューション事業では、伊藤忠テクノソリューションズ(株)(CTC)を中核会社として、近年はコンサルティング国内大手(株)シグマクシス・ホールディングスとの資本業務提携や米国セキュリティ事業大手SilverSky Inc.の持分法適用会社化を通じて業容を拡大しています。CTCは、設立当初から育んできた海外IT先進企業とのパートナーシップを基盤とするマルチベンダー性を強みとして、あらゆる業種・業界の顧客に対して商品/ソリューションを提供しています。同時に、クラウドを活用した高付加価値ソリューションの拡販に注力しています。
データ活用事業では、ペーパーレスやビッグデータ活用ソリューションに強みを持つウイングアーク1st(株)によるデジタル化支援に加え、企業データ分析・活用支援を提供する(株)ブレインパッドとの資本業務提携契約を通じ企業のデータ活用を積極的に推進しております。

インターネット関連サービス事業では、伊藤忠インタラクティブ(株)が提供するWebサイト構築・運用、Webサービス運営に加え、デジタルマーケティング事業やネット広告事業、無店舗販売事業にも業容を拡大しています。

ベンチャーキャピタル事業は、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ(株)によるベンチャーファンドの組成・運用をはじめ、国内外のベンチャー投資活動を通じて多くのスタートアップ企業の育成に参画しています。

通信・モバイル事業

モバイル事業の発展に歩みを合わせる

[写真]

当社は、1990年代初頭よりモバイル分野の将来性に着目し、(株)NTTドコモに対しキャリアショップの設置を提案し、第一号店を八王子(東京)に立上げました。以来、携帯流通事業を拡大し続け、現在は携帯電話販売代理店のリーディングカンパニーの一社として成長したコネクシオ(株)(東証一部上場)を中核会社と位置付け、法人向けモバイルソリューション・IoTソリューションの提供、株式会社ファミリーマートへのプリペイドカードの提供など、ビジネスの更なる拡大を図っています。

宇宙・衛星・メディア関連事業

時代を先駆ける宇宙・衛星・メディア事業を展開

[写真]

当社では、(株)フジ・メディア・ホールディングスとの合弁会社である伊藤忠・フジ・パートナーズ(株)を通じて(株)スカパーJSATホールディングスに出資しています。スカパーJSATの宇宙事業とメディア事業の両事業のより一層の成長に向けて、当社のグローバルネットワークの活用を通じ事業拡大に対するサポートを継続して進めてまいります。
宇宙・衛星事業については、衛星画像等データをAIで解析するOrbital Insight社と代理店契約を結び、様々な事業領域への展開を検討しています。また、成長分野として注目されている低軌道衛星(LEO)を活用したビジネスの一環として、衛星増加に伴い需要拡大が期待される地上局のシェアリングサービスを提供する(株)インフォステラへの出資を行いました。今後も、ビジネスの新規開拓に積極的に取り組んで参ります。
メディア事業については中核事業会社として、日本最大の音楽専門チャンネルを運営する(株)スペースシャワーネットワーク、映像・通信・音響のSIerである伊藤忠ケーブルシステム(株)等があり、幅広いメディア関連ビジネスを展開しています。また、コンテンツビジネスのアジア展開を目的とした Rights & Brands Asia Ltd. (RBA) の設立や、国内最大級のVTuber事業を展開するANYCOLOR(株)への出資など成長著しい領域にも参入しています。

BPO(アウトソージング)事業

「顧客の声」をとらえ「マーケットイン」による事業変革を推進

[写真]

コンタクトセンター業界最大手の(株)ベルシステム24を中核に、AI等の新たなテクノロジーや音声データを活用したクライアント企業向けのマーケティング支援や業務効率化等のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進を支援するBPO事業を提供しております。
また、働き方の多様性やBCP対応の観点から在宅コンタクトセンターを推進することで、安心・安全なサービスの提供にも努めております。
伊藤忠商事が展開するビジネスにおける顧客や消費者とのコミュニケーションの価値を最大化するとともに、新たなサービス・ソリューションの提供を追求して参ります。

ヘルスケアIT事業

医薬品臨床開発支援サービス、健康・予防支援サービス分野での業容拡大を図る

[写真]

コロナ禍で一層のデジタル化・DXのニーズが高まっている医療・ヘルスケア領域にて、IT・データを活用した新規ビジネスの立上げや投資を推進しています。アウトソーシング化が進む製薬業界では、子会社エイツーヘルスケア(株)が臨床開発業務受託(CRO)等の製薬会社向け支援サービス事業を展開しています。ヘルスケア分野においては、関連会社ウェルネス・コミュニケーションズ(株)が企業・保険者を対象にした健康診断支援事業や健康データクラウド事業を展開しています。また医療従事者向けSNS事業を運営するDocquity Holdingsとの資本・業務提携を通じたASEAN地域における医療情報の提供事業への参入を実現し、ゲノム解析を行うベンチャーであるiLAC社への投資を行い、最近では医療機関向けクラウド事業と遠隔画像診断事業を行うエムネス社への投資を行うなど、ヘルスケアIT事業の取組みを強化しています。