住友化学とのメチオニン事業

2016年12月、当社は住友化学㈱と、同社が増強を決定した愛媛工場の新系列で生産する飼料添加物メチオニン(年産10万トン)の販売提携に関して基本合意しました。2017年3月の正式契約締結を経て、新系列完成後に開始する本格販売提携に向けて、2017年4月からプレマーケティングをスタートしました。
メチオニンはアミノ酸の一種で、鶏肉や鶏卵の生産性向上を目的に広く使用されています。更にはメチオニンの添加により飼料中のアミノ酸バランスを整えることで、動物の体内におけるアミノ酸の効率的な利用を促し、排泄物中の窒素酸化物を低減させる環境対策効果もあります。今後も世界的に安定的な需要伸長が期待できる商品であり、当社はメチオニン最大需要家の一つであるCharoen Pokphandグループと強固な関係を築いているほか、世界的な販売ネットワークを有しています。
本基本合意により、両社が中国・アジア市場を中心に長きに亘り足場を固めてきた強みを融合させ、グローバルな市場における互いの事業を一層強固なものとし、更には世界規模での食料の安定供給に貢献していくことを目指します。