金属資源分野

[写真]
鉄鉱石出荷用鉄道(BHP Billiton社提供)

金属資源分野では、鉄鋼・電力業界を中心とした基礎産業への原料の安定供給をめざし、世界でその開発とトレードを行っています。
鉄鉱石分野では、オーストラリアで大手資源会社BHP Billiton社と共同で、マウントニューマンなど複数の鉄鉱山ジョイントベンチャーを運営しており、年間生産量は2.7億トンに達しています。また、ブラジル鉄鋼大手CSN社(Companhia Siderurgica Nacional社)傘下の鉄鉱石生産・販売会社であるCongonhas Minérios社に日韓台企業連合の最大株主として資本参加しています。オーストラリアで、そしてブラジルで、供給力を強化するための事業運営を行っています。
また、南アフリカにおいて推進中の白金族・ニッケルの事業化に向けた検討を行うなど、多くの産業に欠かせない希少鉱物にも目を向けています。
石炭分野では、大手資源会社Glencore社と共同で、オーストラリアのクイーンズランド州とニューサウルウェールズ州にて石炭生産ジョイントベンチャーを運営しており、その年間生産量は30百万トン超となります。また2011年に20%を取得したコロンビアのドラモンド炭鉱は年産30百万トンを超える世界でも有数の規模を誇る炭鉱です。
原子燃料に関してはウラントレード、ウラン鉱区開発及びウラン濃縮サービスの提供を行っており、トレードでは世界の原子燃料トレード会社でトップレベルの取り扱い数量を誇っています。
尚、オーストラリアでは、鉱物資源開発の中心としてITOCHU Mineral & Energy of Australia Pty Ltd.が、オーストラリアやインドネシアの鉄鉱石・石炭・アルミナの全ての資源開発権益を集中保有し、効率的な事業運営を行っています。