建機・産機・医療ビジネス分野

建設機械分野

世界各地のインフラ整備に貢献

各種建設機械などのトレードビジネスと、建設機械の現地製造や卸販売事業を両輪に、ビジネスを拡大しています。
トレードビジネスは、新興国向けを中心として、各国のインフラ整備に貢献しています。
建設機械の現地製造や卸販売事業では、マーケットごとのニーズに応じた展開を進めています。北米では中小型建機や発電機の製造・販売事業を推進しており、川下への展開も強化しています。南アフリカでは鉱山・建設機械の販売事業、インドネシアでは販売事業のみならず川上の製造事業にも取り組んでいます。またその他の新興市場では、現地の建機販売代理店をパートナーとして鉱山・建設機械の普及に取組んでいます。一方、国内では、伊藤忠建機(株)を中心に、建設機械はもとより、建設分野の各種資機材を提供しています。

産機・電子分野

衣・食・住から電子・環境まで

[写真]

工作機械、食品機械、繊維機械等、従来型の産業機械の販売に加え、二次電池関連製造装置、ディスプレイ関連装置、フィルム製造装置等、先端技術分野でも部材・設備販売を行っています。
また社会の環境・エネルギーへの関心の高まりを背景に、環境関連設備にも力を入れております。具体的にはペットボトルのリサイクル製造ラインや水性インキを使用する環境に優しい印刷機等です。
また、産業用途では、電子部品・電子デバイス販売も行っている一方、電動アシスト自転車、蓄電池など消費者に直結する製品も手掛けております。二つの事業会社(伊藤忠マシンテクノス(株)及び伊藤忠システック(株))と協業しながら、幅広い分野でトレードビジネスを行っています。

医療ビジネス分野

医療機器、病院運営支援等の提供で社会に貢献

医療機関への医療機器の提供、病院運営支援などに取り組んでいます。
国内の医療機関向けには、子会社のセンチュリーメディカル㈱が広範な診療分野の医療機器を提供しております。伊藤忠商事㈱では放射線治療装置等、特に大型医療機器の取り扱いをしております。
病院運営支援の分野では、㈱神戸メディカルケアパートナーズが、パートナー企業と共にPFI(※1)方式で、神戸市立医療センター中央市民病院の医療周辺サービスの提供及び施設維持管理に取り組んでいます。

  • ※1
    • PFI (Private Finance Initiative): 公共施設の設計・建設・維持管理および運営に民間のノウハウ・資金を活用し、公共サービスの提供を民間主導で効率的に行うという社会資本整備の手法