AI、フィンテックの活用による新たな事業領域への挑戦

写真

当社は、最新テクノロジーやビジネスモデルの発掘に強みを持つ「情報・通信」と、リテールビジネスに強みを持つ「金融・保険」の融合により、新たな事業領域への挑戦を続けています。特に、フィンテック(ファイナンス+テクノロジー)、A(I 人工知能)を注力分野の一つと位置付け、国内外のベンチャー投資を積極的に推進しています。
2016年度は、個人型確定拠出年金(iDeCo)の運営管理会社㈱MYDCと資本業務提携しました。また、AIを活用した資産運用提案サービスや、オンライン決済サービス「Paidy」を提供する㈱エクスチェンジコーポレーションと資本業務提携し、与信スコアリングによる個人向け融資・カードレス決済事業等に参入しました。BPO分野では、当社、㈱ベルシステム24ホールディングス、㈱NTTデータの3社で、AI 技術を活用したWeb接客サービスを提供する㈱空色と資本業務提携しました。
2017年にカンパニー内に新設した「フィンテック推進室」を中心に、情報・通信部門のビジネス開発機能と、金融・保険部門が持つ顧客網とノウハウを組み合わせ、テクノロジーを活用した先進的な金融サービスを創造する新たな市場の取込みと拡大をリードしていきます。