エネルギー・化学品カンパニー

写真

当カンパニーは「エネルギー部門」「化学品部門」の2部門で構成されています。
「エネルギー部門」は、原油・石油製品・LPG・LNG・天然ガス、電力、水素等、エネルギー関連商品全般のトレード、関連プロジェクトの推進及び石油・ガスプロジェクトの探鉱・開発・生産業務の推進を行う部門です。
「化学品部門」は、有機化学品、無機化学品、医薬品、合成樹脂、精密化学品、電子材料、蓄電池等のトレード及び事業を行う部門です。
グローバルな事業展開を行う両部門でシナジーを発揮し、石油・ガス・化学分野における最適なバリューチェーンを創出し、日本及び世界の人々の豊かな暮らしに貢献します。

ビジネスフィールド

エネルギー分野

原油、NGL、ガソリン、ナフサ、灯油、ジェット燃料、軽油、重油、船舶燃料、潤滑油、アスファルト、LPG、LNG、天然ガス、電力、水素等

化学品分野

合繊原料、芳香族、アルコール類、硫黄、肥料、無機鉱産資源、医薬品、合成樹脂、生活関連雑貨、包装資材原料、精密化学品、電子材料、蓄電池等

ニュース

事業展開及び成長機会と戦略

成長戦略に基づく取組

カスピ海油田開発事業

カスピ海海域の大規模油田の権益を約3.6%保有。
2014年1月より原油の追加生産を開始。

ブルネイ メタノール事業

三菱ガス化学(株)、ブルネイ国政府機関と共同でメタノール製造・販売会社を設立。現在アジアマーケットを中心に製品販売を展開中。

インドLPガス供給・受入基地事業

インド向けLPG販売量民間第1位のAGI社の株式取得。

基本情報

関連情報