中国物流事業

日系最大級の内需型物流ネットワーク

物流物質部は、いち早く中国内需物流に着目し、伊藤忠物流(中国)有限公司、大藤物流(上海)有限公司を中心に、中国全土に約50ヶ所の物流拠点を展開し、中国消費経済の発展に伴う内需拡大に対応した3PL等の物流機能を中国全土で提供しております。化粧品・アパレル・トイレタリー等の分野において、日系企業を中心とした一流メーカーの中国国内販売の拡大に貢献しており、2018年度の中国物流売上高は当社グループ全体で400億円を突破し、過去3年間で年率15%の高い伸びを示しました。
また、グループの中核事業会社である伊藤忠ロジスティクス株式会社を子会社化し、その国際物流ネットワークと中国国内物流機能を結合させることにより、お客さまのグローバルサプライチェーン戦略に対応したワンストップサービスを提供します。さらに、将来的には同様のビジネスモデルを他の新興国にも展開して行くことで、グローバルレベルでのフォワーディングとロジスティクスの融合を目指します。

伊藤忠物流(中国)有限公司

[写真]

伊藤忠100%出資の子会社で、現地物流の中核事業会社として、高品質の総合物流を提供しております。長年に渡る中国での経験と、各種ライセンスの保有により、輸入・保税・保管・流通加工、国内輸配送、輸出といったすべての業務の取扱が可能です。
自動車、機械、電機、アパレル等の3PL、更には成長著しい通販分野も含め、多数のお客様とのお取引実績を基に強みを発揮しております。
特に通販向け物流に早くから対応し、物流業務のみならずフルフィルメント、コールセンターといった通販のバックオフィス機能も提供し、顧客に対するワンストップサービスを行なっております。

大藤物流(上海)有限公司

[写真]

2019年、伊藤忠と中国の大手食品メーカー康師傳との合弁会社であった頂通物流(ケイマン島)より独立し、内販物流網が重要な食品、生活用品、化粧品等を中心に、内陸部までくまなくカバーする伊藤忠グループ100%の3PL物流会社を新設しました。
今後、成長著しい通販向け物流機能を含め、更なるサービス機能強化を図り、食品、日用品のお客様に置ける中国売上拡大に貢献して参ります。

伊藤忠ロジスティクス株式会社

[写真]

2009年7月に旧アイロジスティクスの上場を廃止し、社名も伊藤忠ロジスティクスと改名し、名実ともに伊藤忠の中核物流子会社として、航空・海上・倉庫・通関などの国際総合物流を担っております。中国においても、上記2社との連携で、中国と世界をつなぐシームレスなグローバルサプライチェーン物流を提供して参ります。