MSCI ESG格付け最上位ランクAAAを獲得

2020年12月25日

伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長COO:鈴木善久)は、2020年12月MSCI ESG格付け評価にて総合商社として初めて「AAA」を獲得致しました。

MSCI ESG格付けは、企業が環境(Environment)社会(Social)ガバナンス(Governance)リスクをどの程度管理できているかを分析し、最上位ランクのAAAから最下位ランクのCCCまで7段階で評価するものであり、裏付けとなるスコアリングにも定評があります。このたび、特に業界をリードする食品安全管理体制やガバナンスに関する当社の取組みが高く評価され、最上位の格付け取得という大変名誉ある結果となりました。

グローバルに事業を行う伊藤忠グループは、地球環境や社会課題への対応を経営方針の最重要事項の一つとしてとらえ、創業の精神である企業理念「三方よし」のもと、持続可能な社会の実現に取り組んでまいります。

■MSCI とは:米国・ニューヨークに拠点を置く金融サービス事業者。GPIFを含む大規模公的年金や資産運用会社、ヘッジファンド等世界中の機関投資家に対して、投資の意思決定をサポートする様々なツールを提供している。

  • *伊藤忠商事のMSCI ESG Research LLCまたはその関連会社(MSCI)のデータの使用や、MSCIのロゴ、証憑、サービスマークやインデックス名の使用は、MSCIによる伊藤忠商事の後援、宣伝、販売促進を行うものではありません。MSCIのサービスとデータは、MSCIまたはその情報プロバイダーの資産であり、現状を提示するものであり、保証するものではありません。MSCIの名称とロゴは、MSCIの商標またはトレードマークです。